Blog Sugiura

Enjoy

ブラウザーの環境変数

sugiura, · カテゴリー: 未分類

ブラウザーが何語を使うように設定してあるか、という「環境変数」を、ウェブサーバー側からその値を検知して、ブラウザーの設定言語にあわせて、ウェブページでの表示言語を日本語にするか英語にするか変える、ということができるのでした。
 
昨日、あるページが英語で表示されるようになってしまって、困ってしまいました。ブラウザー自体は日本語になっていて、日本語のページは日本語で見えていたのに、その特定のサイトだけ英語になってしまいました。
 
サイトに、英語と日本語の切り替えボタンのようなものはなく、どうしたものかと思っていたところ、ブラウザーの言語設定で英語が最優先になっているのが原因だとわかりました。二番目に日本語が設定してあったので、日本語「だけ」のページは日本語で、英語「だけ」のページは英語で表示されて、問題がなかったのでした。
 
ところが、その特定のサイトでは、ブラウザーで何語が設定してあるかを読み取って、最優先に指定してある言語でページを提示するという「高度なこと」を「ご親切にも」してくださっていたので、逆に、困ってしまったというわけです。
 
で、このブラウザーの環境変数というもの、JavaScriptやphpでウェブページにプログラムを埋め込んでおけば、ブラウザーでどの言語を指定してあるかだけでなく、どこからそのページにアクセスしてきたか、とか、OSは何で、ブラウザーは、何のどのバージョンを使っているか、というようなことが、「知られてしまう」わけです。
 
なるほどね、、、
 
たとえば、ここ ↓ 見てみてください。
https://www.iphiroba.jp/env.php
 
どれだけの情報が「知られてしまっているか」よくわかります。
 
もちろん、こうしたことは技術的には公開されていることで、ブラウザーが英語に設定してあったら、英語で表示するようにするという「親切な」使い方に応用することを想定して、こうした技術ができているわけですが、、、