Blog Sugiura

Enjoy

DELL Inspiron Mini 9 (Ubuntu 8.04) 到着

sugiura, · カテゴリー: Tech

小さい。キーボードは英語版にしたけれどそれでも小さい。配列が少々独自。

まあ、何でこれが必要か、だな。

端末がハングアップするのが原因不明で困る。

雑用

sugiura, · カテゴリー: 校務

今週、終わる前に、デスクの上の書類の山を整理。期末試験の確認が今日までだった。しかし、こういう雑用で時間が取られるのは、相変わらずだけれど、なんとかならんかなぁ。

授業改善アンケート

sugiura, · カテゴリー: 英語の授業

後期もほぼ半分終わったところで、授業改善アンケートをする。二つ目のクラス。
「話が長い」とか指摘を受ける。確かに。
同じことに正反対の反応もあって、うーん。色々な試みをしてみることに「おもしろい」と思ってくれる人と、毎回違うのが嫌だという人といて。まあ、両方とも一理あり。
ポイントは、不満と思っている人がいる点をいかにフォローするかだ。

ソフトウエアの管理のためのソフトウエア?

sugiura, · カテゴリー: Tech, 校務

某社のソフトを使っている人は使っているソフトの管理簿を作成しなさい、というお達し。管理簿を作るための支援ソフトがあるので、それを使うようにとのこと。

なんだかなぁという話。お金を払って使っている人に対して、ちゃんと使っているか調べるからリストを作っておけ、というのだよ。
欲しくもないのに「無理矢理」ついてきたものもあるんだよ。

例えば、岩波書店が「あなたのうちにある岩波書店の本が本物かどうか調べるので、蔵書リストをつくっておきなさい。場合によっては立ち入り調査します。」というか?

もちろん、某社は個々の部分部分は「正しいこと」をしているのだろうけれど、これってなにか「おかしい」と思わないかい?

やっぱり某社のソフトは使うのをやめたほうが「心の自由」を得られるなぁ。

ゼミ 月例報告会

sugiura, · カテゴリー: 大学院授業

ゼミ参加者全員報告。今日は、13名。
ハンドアウトは一人A4一枚。発表時間は3分。私のコメント2分。
各参加者は、ゼミ後、オンラインでコメントをし合う。で、コメントに対する回答も。
「学び合う共同体」に。

学習者コーパス論

sugiura, · カテゴリー: 大学院授業

学習者データの言語的特徴の数値化。
数値化する際の注意点。記号、大文字小文字の処理。lemmatizeの問題。で、どうするか。
同様に、母語話者データを数値化。

重回帰分析と判別分析の「ココロ」の説明。

群馬大学の青木先生のエクセルマクロを使って、英語学習者と母語話者を判別分析をしてみる課題。

米国ピッツバーグ大学・言語学教授 白井恭弘さんを客員研究員に迎える予定

sugiura, · カテゴリー: News, ことば, 研究, 英語教育

来年のことですが、5ヶ月間、名古屋大学大学院国際開発研究科に来ていただきます。

研究題目 インプットによるプロトタイプ形成と言語カテゴリーの習得
期  間 平成21年8月1日より平成21年12月31日まで

それで、来日早々、公開講演会をしていただくことにしました。
題目は「外国語学習の科学」
日程は、8月4日か7日のどちらか、調整中。

ねんきん特別便

sugiura, · カテゴリー: 校務

他人事と思っていたら、名大に来る前の私学共済の記録がすべて「もれ」ていた。まいったなぁ。

Listen to Me! の効果

sugiura, · カテゴリー: 英語教育

ある学生に自主学習で使ってもらって、勉強した範囲と学習時間を毎週メールで報告してもらったところ、

事前:リスニング450点 + リーディング430点 = 合計880点
事後:リスニング495点 + リーディング460点 = 合計955点

この教材の他にも週1回英会話教室に通っていたそうだけれど、本人曰く「TOEIC受験の直前数か月間のリスニング練習は非常に有効だったと思います」とのこと。

文章の展開のパタン:分類編

sugiura, · カテゴリー: ことば, 英語の授業

今日の英語の授業では、分類をするという文章展開のパターンを取り上げた。そのパターンとは:

トピック can be divided into 数 categories (based on 基準): 第1分類, 第2分類, and 第N分類.

第1分類の説明(定義もしくは記述). その具体例.

第2分類の説明(定義もしくは記述). その具体例.

第N分類の説明(定義もしくは記述). その具体例.

こういう典型例を覚えれば、ライティングもラクラクだね。

Blogで研究日誌

sugiura, · カテゴリー: Life Hack, 大学院授業, 研究

研究日誌をつけることの利点:

1)記録として「メモ」を残しておける

2)自分の研究活動を自分で管理することができるようになる

3)「公開」することで、いちいち「報告」しなくても他の人からコメントをもらえる

やっぱり、やったほうがいいなぁ。指導の院生には全員書かせることにしよう。

研究発表デモ

sugiura, · カテゴリー: 研究

LET中部での研究発表のデモに出席。好き勝手なコメントを言いっぱなして、お先に失礼。

しかし、やっぱり、事前にデモしてよかったですね。

M1構想発表会

sugiura, · カテゴリー: 大学院授業

ハンドアウトを事前に見せてもらってコメントをしたのをうまく生かして修正して発表してくれて一安心。

しかし、気を抜いたらいかんよ。これからが始まりなんだから。

学内学童保育の調査回答

sugiura, · カテゴリー: 未分類, 校務

学内に設置された保育園に引き続き、学童保育所の設置が計画されている。

関係ない人には関係ないが、関係する人には死活問題。

正規のルートでは情報が流れてこずに、同じ保育園の父母より連絡があって気づいた次第。組織の問題だ。

共通費購入図書の推薦リスト提出

sugiura, · カテゴリー: bib, 大学院授業, 校務, 研究

リストの整理にはゼミのTAのDさんの助けを借りる。

図書の本を充実させるのも重要な環境整備。学生が参考文献に持ってきた本が以前このようにして希望して入れてもらった本だったりするとうれしいものだ。

研究図書は、普通の本屋さんには並ばない。しかし、専門家(になる人)は、こういう本を実際に手に取って見てもらわないと。

書評原稿の修正

sugiura, · カテゴリー: 研究, 英語教育

お待たせしていて、申し訳ない。きっとこれでOKとなるでしょう。

やはり、人の本のレビューなので、気を使うところがありますなぁ。「英語教育」ってのがクセもの。

ゼミ

sugiura, · カテゴリー: 大学院授業

研究発表の予行演習。

やっぱり、研究発表の予行演習はやっておくべきだ。やってよかったよ。

学習者コーパス論

sugiura, · カテゴリー: Tech, 大学院授業

学習者コーパスの個別データごとに言語的特徴をどのように数値化するか、をテーマにテキスト処理の入門を。

いったんスクリプトを書いておけば、あとは、ちょっと直すだけで、いろいろと応用はききます。

しかしこまったのは、某社のOffice 2007。メニューのどこに何があるのか、さっぱり。出てきた結果を一覧表にして、と思ったのだけれど、イライラはつのるばかり。やはりこの某社は人類に知的資源の無駄遣いを強いているという点で、歴史に残る罪深い会社だと思う。ビジネス的にこの会社が歴史に残る大成功をしている現実を見ると、そのビジネスの基盤となっている制度には根本的な欠陥があると思う。

推薦状をオンラインで書く

sugiura, · カテゴリー: Tech, 教育, 校務

海外の大学院に行きたいという学生のために推薦状を書く。最近は、オンライン。ちゃんとオンラインで「使い物になるシステム」を作っているところが偉い。

日本の大学は受験生募集のパンフレットがわりにしか使ってない。なさけない。すべての教員にそういうスキルをつけさせるというのではなく(それは無理、非効率)、そういう活用の仕方をするような体制作りができないところがナサケナイ。

M1構想発表の下書きを見る

sugiura, · カテゴリー: 大学院授業

学術論文は、スタイルができてないと、投稿条件を満たしていないということで、読みもせずに返される。

内容以前の話。だから、最初からちゃんとスタイルを整えておくこと。そうでないと、「話にならない」のだよ。

それと、以下も良く読んでおくように。

論文指導

授業の準備

sugiura, · カテゴリー: 大学院授業

教授会、終わってから、翌日の授業の準備。

昨年度の講義ノートがあるとは言うものの、今年にあわせて書き直しているうちに、もう1時間半。

教授会+アルファ

sugiura, · カテゴリー: 校務

2時間半。

ToDoが増える。

JSLS2009 言語科学会 国際年次大会

sugiura, · カテゴリー: News, 研究 · タグ:

Webサイトの設置。

http://aimee.gsid.nagoya-u.ac.jp/jsls2009/

Y大のM君と二人で管理。

英語関連の会議

sugiura, · カテゴリー: 校務

1時間。

昼ご飯のおにぎりを食べながら。

来年度の授業に向けていろいろと準備。

情報関係の打ち合わせ

sugiura, · カテゴリー: 校務

1時間。

打ち合わせの内容をまとめるのにさらに時間がかかる。

また、これに伴いToDoがいくつか、、、