Blog Sugiura

Enjoy

「日本語検定」?

sugiura, · カテゴリー: ことば

日本語検定とやらがあることを最近知った。日本語母語話者が受けても2級ですら難しいらしい。

「日本語検定委員会」という名前の特定非営利活動法人がやっている。

「法人」なのに「委員会」という名前を付けているのが気になる。

審議委員という人たちの名前がずらずらと14名あるのだが、言語学者が一人も入ってないのが気になる。

いったいこれは何をはかる試験か?

2009-03-25 卒業式(修了式)と謝恩会

sugiura, · カテゴリー: 大学院授業, 教育

博士号取得者は全員がスピーチすることになった。一人3分。20人だとして60分。
おめでたいことで、本人が、思い出を語ったり、先生に感謝したいということはわかるが、それを全員にやられると、聞く方はつらい。それがわからないかな。どういう状況でのスピーチかってことを踏まえてスピーチができるようになっていただきたい。
 
謝恩会での研究科長の挨拶で、修了生のそれぞれの母語で(10カ国語くらい?)「おめでとう」を言います、というのは、シンプルだけど、とってもよかった。(しかし、もうこの手は使えないですね、関係各位)
 

Corpusデータの誤植 つづき

sugiura, · カテゴリー: Tech, 研究

今度は Brown Corpus。カンマのはずが、ピリオドになっている。
以下の2行目「particles」の後ろ。

J08 0540 in defense considerations. The smaller the particle the further it will
J08 0550 travel downwind before settling out. An aerosol of such small particles.
J08 0560 moreover, diffuses through structures in much the same manner as
J08 0570 a gas. There may be a number of secondary effects resulting from diffusion

白井先生を中心とした言語習得文献講読の企画

sugiura, · カテゴリー: News, 大学院授業

2009年度後期10、11、12月の水曜日5時限目に、客員研究員としてこられるY. Shirai先生を中心として言語習得文献講読を企画します。

Corpusデータの誤植

sugiura, · カテゴリー: Tech, 研究

訳あってLOBコーパス中の接続副詞の数を数えている途中で、どうも、文頭のHoweverの数が合わない。

1) “However” では 119
2) “¥^.*However” では 118

「^」は文頭を表す記号として使われているが、その記号の後ろに小文字を表す「*0」等の記号が入る場合がある。また、「^」が正規表現で特殊文字あつかいされるので、文字列の指定をする際には「¥」で「エスケープ」しておく。

差分をとったりして調べてみたところ、以下のような行を発見:

G30 78 proved more difficult than anticipated. However, my friend Wilfred

つまり、データ中で文頭につけることになっている「^」のつけ忘れだ。

就職祝いと送別会

sugiura, · カテゴリー: 未分類

春だね。旅立っていくんだ。

立派、宮田さん

sugiura, · カテゴリー: 研究

本年度終了の科研の報告書。3月発行。

Miyata, S. (ed.). Development of a Developmental Index of Japanese and its Application to Speech Developmental Disorders (第一言語としての日本語発達指標の開発と言語発達障害への適用). 宮田スザンヌ(代表)平成18年度–20年度 科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書、課題番号 18330141.

論文へのコメントをまとめるのに3時間

sugiura, · カテゴリー: 大学院授業

全て読んであっての話。コメントを書くのも手間がかかるのだよ。
疲れるなぁ。

2008年度情報委員会自己評価報告書

sugiura, · カテゴリー: 校務

これを書くので、また1日つぶれる。

愛知・岐阜・三重 英語学談話会 2009-03-14

sugiura, · カテゴリー: ことば, 英語教育

「小学校からの英語教育」

最悪の状態。

予算もない、人材もない、時間もない。強い反対論がある。でも、やったことにしたい。

=> なけなしの予算で、できる人ができる範囲で、ちょっと触れる程度に、やんわりと。

= できるようになるわけがない。そういうのを「お飾り程度にやる」という。無駄だ。

(早期英語教育が無駄だといっている訳ではないので注意)

「英語教育の専門家」は、「こんなことではできるようになりませんよ」というべきであろう。

また、逆に、「できるようになる条件」というのを、具体的に根拠を持って示すべきであろう。

(「根拠」が大切。自分の経験談とか、持論とか、意見とか、そういう話では議論にならない。)

例えば、母語と同程度に第二言語を習得するには臨界期以前に習得する必要がある、ということ。

「臨界期以前」に英語を「勉強」したからといって、お茶を濁す程度では、できるようにならないでしょう。

インプットの量が重要だという点について。

大量にインプット・インタラクション・アウトプットがある状況でも、臨界期を過ぎていると、母語と同程度にはなり得ないということ。(例:仕事や結婚のためアメリカに渡った日本人の英語)

そうなると、「母語と同程度」というのが、外国語教育に必要か、という問題につながる。

つまり、母語と同程度に第二言語ができるようになるには、

1)臨界期以前に                   [必要条件]

2)大量のインプット・インタラクション・アウトプット [十分条件]

が、必要である、ということ。

しかし、「母語と同程度」は必要ない、ということであれば、臨界期を根拠に持ち出す意味はなくなる。

もっといえば、臨界期だけをもちだして、だから小学校から英語を、というのは、必要条件は満たしても、十分条件は満たしてないので、だめだということだ。

ということは、日本の英語教育は母語と同程度を目指すのかどうか、を考えることがポイントとなる。

と、いろんなことを考えさせてくれるありがたい談話会である。(娘のバレエの発表会のため早退しましたが、、、)

Outbound Port 25 Blocking (OP25B)

sugiura, · カテゴリー: Tech

プロバイダーがこの対策をしてくれるとばらまかれる迷惑メールが減ってよい。

外のSMTPサーバーを使うためにはサブミッションポートを変更する必要がある。

中期計画実績報告書

sugiura, · カテゴリー: 校務

できたものを見れば、なーんだ、これぽっち、と思うでしょうが、ファイルを作成するのに丸一日かかってます。

こんなのを書くはめになったのも法人化されたが故。

法人化されることによって、官僚主義から活力のある民営タイプの「経営」に変身するどころか、書類作成がやたら増えて、このままいくと官僚主義時代以上に書類書きで人生が埋もれてしまう。書類を書くために説明の書類を書かないとわからないという状態。

やっぱり変だよ、これは。

Blogの授業での活用法

sugiura, · カテゴリー: Tech, 大学院授業, 教育

GSIDに入っているWordPress Muの場合、各教員がBlogを始めることで、各教員ごとに自分のBlogに「ユーザー」を設定できる。

そこで、自分の授業の受講生を「ユーザー」として登録し、授業名を「カテゴリー」に対応させることにより、BlogをCMSのように利用できる。

USB ハブ 交換

sugiura, · カテゴリー: Tech

突然、マウスが動かなくなった。
別のマシンにつなぐと、動く。
ゆえに、マウスをつないでいたUSBハブが原因らしい。
サンワサプライのGマークのドングルみたいな四つ足のタコみたいなの。そのうち2本がどうも切れた模様。
バッファローのに交換。1,580円。もう予算ないので、私費。
代えたら動いた。

プリンター Brother MFC-7340 トナー TN-26J 交換

sugiura, · カテゴリー: Tech

7,371円

英文添削 254語で4000円

sugiura, · カテゴリー: ことば

24時間で返却。

添削してもらうというのは、とてもお金のかかることなのだ。

Paulisse, N. (1999)

sugiura, · カテゴリー: 未分類

Slips of the Tongue: Speech Errors in First and Second Language Production
(Studies in Bilingualism 20)
John Benjamins.

(p.177)
1)L1とL2のレマ、そして、L1とL2の語形は、おそらく同時に活性化されるであろう。
2)L1もL2も音韻的に似た語形であれば、おそらくお互いに活性化し合うであろう。
3)L1に基づく言い間違いは、統語的および音韻的符号化において起きるが、形態的符号化では起きない。
4)L2を話す場合、うっかりL1のレマを使う時もL2の形態素を使う。

(p.66)
第二言語習得の認知モデル(Schmidt 1992参照)
1)McLaughlin’s model of restructuring and automatization
2)Anderson’s ACT* Theory
3)MacWhinney and Bates’ Competition Model
4)Gass’ input … output model

(p.178)
L2の言い間違いの説明には、McLaughlinやAndersonがよいが、L1はMacWhinneyがよい。
Gassのも入れて、「検証可能な仮説」をたてるべき。

Towell, R., Hawkins, R., and Bazergui, N. (1996)

sugiura, · カテゴリー: ことば, 研究

“The Development of Fluency in Advanced Learners of French”
Applied Linguistics, Vol 17. No 1. pp.84-119.

発話の測定
1) Speaking rate
  シラブル数/分(ポーズを含む)
2) Phonation/time ratio
  発声時間/発話時間(%)(ポーズとそれ以外の部分の比率)
3) articulation rate
  シラブル数/分(ポーズを含まない)
4) Mean length of runs
  平均発話長(ポーズ間を一発話とし、一発話あたりのシラブル数)

ポーズの特定:測定用紙の都合で 2.8秒以上をポーズとする。(先行研究に基づけば 2.5秒)

上級フランス語学習者:留学前後で流暢さに変化。しかし、母語と同等にはならない。

流暢さの変化:ポーズ時間が減ったり、話す速度が速くなったわけではない。発話単位が長くかつ複雑になったため。「知識の手続き化」で説明できるのではないか。文法知識をメッセージに素早く変換できるようになった、と考える。

★杉浦のコメント:そうとも説明できるが、その根拠は何も示されていない。逆に、定型表現をたくさん覚えて使えるようになったからだとも説明できる。はたして、どちらの説明が「正しい」か?

大石 (2008) 英語のリスニング時における左脳と右脳の優位性と相関性

sugiura, · カテゴリー: ことば, 研究, 英語教育

JACET中部支部紀要第6号。

英語ができるようになると、リスニングをするときに左の脳の方を使うようになるらしい、という話。
機能分化ってことだな。

英語教育関連講演その3

sugiura, · カテゴリー: 英語教育

広島市立大学の青木先生の話。とてもためになった。

まじめに英語教育の問題を考え、
それに対する対策を考え、
それを実際に行うための教材を開発し、
まわりを説得してカリキュラム改革もして、
各種予算も獲得して、
産学連携で他大学も利用できる形にし、
その上、実際の学習データを分析して、
学習者の学習傾向を調査し、
それをまたフィードバックして、
教材やカリキュラムを改善する。

さすが。

free なソフトのつらさと楽しみ

sugiura, · カテゴリー: Tech

メールソフトThunderbirdの受信簿の設定を変えたいと思ったが、どうもメニューをいくら探しても、その設定の変更箇所がない。困った。
 
ところが、webで探すと、その変更の仕方を説明している人が何人もいる。(質問している人も何人もいて、、、)
 
Library/Thunderbird/profiles/****.default/の下に、chromeというディレクトリーを作って、そこに userChrome.css というファイルを置いて、そこに書き込めばよい、とわかった。
 
やってみると、確かに思いどおりに変更できてめでたし、めでたし。

下手だけれど丁寧な字

sugiura, · カテゴリー: ことば, 英語教育

字の上手・下手はある。私は下手。
下手な私でも上手な字を見ると上手とわかる。
上手な字がわかっていても上手には書けない。
その点、理解と産出が結びついていない。
 
字の下手な私が言語学を学びだして救われた。音声学で「弁別素性」(distinctive feature) という概念(考えかた)を習ったから。
 
人それぞれ声が違うけれど、「ブ」と「プ」の音は人の声の違いにかかわらず、絶対に分けて扱われる。「ブ」と「プ」は違うのだ。「ブ」と「プ」を分けている特徴こそが「弁別素性」であり、声の大きさとか強さとか、声がかすれていようがいまいが、とにかくその違いだけは守って発音すれば区別できるので問題ないのだ。
 
これは、文字でもそうで、ある文字が他の文字とは違う「特徴」があって、その特徴さえ守っていれば、字が上手であろうが下手であろうが問題ないのだ。
 
ポイントは、他の文字と区別できること、という点だ。
 
逆に言えば、紛らわしい文字というのは、ダメだと言うことだ。なぜ紛らわしい文字がダメかと言えば、区別できないから。区別できないとなると、それは「メディア」としての文字の役割を果たさなくなってしまう。つまり、書いてあっても、紛らわしくて何と書いてあるかわからないということであり、結局、それは、「書いてない」に等しい。
 
なぜそれが問題かというと、それが原因で、最悪、コミュニケーションが成り立たなくなってしまうから。もしくは、そういう状況で、コミュニケーションを成り立たせようとしたら、「受け手」の側が、何と書いてあるのか、そうとう努力をして読み解くということをしなければならなくなる。ちゃんと書いてあれば、不必要な労力をかけなくても読めるのに、ちゃんと書いてないと過重な負担を強いられることになる。ま、迷惑をかけることになる、ということだ。
 
コミュニケーションは、話し手と聞き手、書き手と読み手、送り手と受け手、お互いが平等な立場で、お互いのことを思いやって行わなければならない。お互いに、成り立たせようという努力がなければ、成り立たない。馬の耳に念仏。
 
「紛らわしい字を書く」ということは、つまり、読み手の苦労に対する配慮が欠ける、ということである。迷惑だと言うことである。お互いが協力するという精神に欠けるということである。平等なコミュニケーションをする気がない、ということである。不平等を相手に押し付けるという点で暴力でさえある。
 
外国語を習うということは、言葉に対する意識を高めることであり、さらには健全で平等なよりよいコミュニケーションを行えるようにするためである。
 
自分用のメモ書きなら話は別だが、人に読んでもらうものを書くときに、自分の都合だけで、殴り書きのような紛らわしい字で書いてはいけない。
 
これは、最初に言ったように、上手な字で書くように、ということではない。他の字と間違えられないように、他の字と区別できるように弁別素性を落とさず丁寧に書く、ということである。
 
下手でも丁寧に書く。それが結論。
 
「r」だか「v」だかわからないような殴り書きで書いたものは、この書き手は平等なコミュニケーションをする気がないんだな、読んでほしくないんだな、外国語教育の大切な成果が実っていないな、と思う。×だ。