Blog Sugiura

Enjoy

CALL教材開発論

sugiura, · カテゴリー: Tech, 大学院授業, 英語教育

「言語教育工学」に代えて本年度開講。
いずれもHSPでのプログラミングの演習をしますが、目的を変えて話をします。
 
で、是非取り上げたいのが、パラッパラッパー。
10年ぶりにPSPで復活とのこと。手配することに。
扱ってる業者があってよかった。以前、生協に依頼したら、ゲーム機の取り扱いはありません、と言われてしまった。

今や、DSで英語を学ぶ人も多いのに。

しかし、こうしたゲーム機の問題点は、開発環境がオープンでないこと。ま、実際に、ゲーム機で動くものをつくるわけじゃないからいいか。
 
プロトタイプを作っておいて、あとは、ソフトハウスに作ってもらうってことになるでしょう。

Compact Calendar Creator

sugiura, · カテゴリー: Life Hack, Tech

http://www.chrisryu.com/compact_calendar_creator/ja/

これは、便利。これで、年間を見通してプランが立てられる。

会議の時間の変更

sugiura, · カテゴリー: 校務

先日の教授会で、一部の会議の時間を早めて、できれば5時までに終わるようにしたいと研究科長から提案があった。「おお、素早い対応」と思ったら、5時すぎると事務職員には残業手当を出さなくてはならなくなるからという、トヨタ流の節約対策であった。うーん、、、

FreeMind えらい

sugiura, · カテゴリー: Life Hack, Tech, 大学院授業

マインドマップ作成ソフト。まあ、一種のアウトラインプロセッサー。
MacOSでもLinuxでもWindowsでも動く。Javaでできている。
使い勝手もよい。

今日のCALL教材開発論でのCALLに関する関連分野の説明に使用。

プログラム本体をUSBメモリーにいれておけば、そのままPCにさすだけで使える。
つまり、PCごとにインストールする必要がない。
勝手にプログラムをインストールできないPCでも使えるってことだ。

新入生ガイダンス

sugiura, · カテゴリー: 大学院授業

「一日一本」論文を読んでください。がんばって。
毎日記録をつけること。

「公的な会議は原則として17時以降行わない」

sugiura, · カテゴリー: Life Hack, News, 校務

東大が「男女共同参画加速のための宣言」の一項目で、「公的な会議は原則として17時以降行わない」と宣言したというのを遅まきながら知った。
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_210304_j.html
これは、画期的。「男女共同参画」とか「ポジティブアクション」とか「少子化対策」とか政府も大学も言っているけれど、実際、すべての人に影響する形で何らかの政策がなされたことは今まで聞いたことがなかった。逆にいえば、掛け声ばかりで、ほとんどの人にとっては「何の意味もないこと」であった。
 
ところが、この「夕方5時以降は会議をしない」というのは、すべての人にとって影響を及ぼす具体的な政策であり、かつ、単純明快。そのうえ、お金もかからない。こういうことを、さらっとやってとげるところが東大のすごいところだと思う。
 
ところが、この「男女共同参画加速のための宣言」は、「U7“男女共同参画”に係る共同宣言」に基づいているのだそうだ。「U7」というのは「国立七大学」。なんとこの「U7“男女共同参画”に係る共同宣言」、名大総長もしていたのだ。
http://www.gakushikai.or.jp/symposium/index.html
 
名大は名大なりに、実は、学内保育園や学童保育所(この夏開設予定)を作るとか、やってはいるのだが、事実上関係者しか知らないし、他の人に不利益になるからというような足を引っ張る「抵抗勢力」もあって苦労をしている。
 
男女共同参画を「加速」するためには名大も「公的な会議は原則として17時以降行わない」と宣言すべきだ。

e-learning教材の使い方説明会(担当教員向け)

sugiura, · カテゴリー: Tech, 英語の授業

ちょっとわけあって遅れていったのだけれど、説明会のためにログインする段階でのあれやこれやのドタバタのおかげ(せい?)で、実際の話の始まりは30分遅れ。

しかし、この始まりの30分のドタバタこそが本番でも起きることであり、まあ、今日はその体験を身を持ってするってことですわな。

しかしこれ、コンピューターの教材をやらせればいいんだと甘く思っているとしたら、大変な目にあいますよ。うまく軌道に乗せちゃえばよいですが、それまでが大変。特に、これを正式な授業としてやる場合には。準備をしっかりやるつもりでいてほしいものです。それをしない人に限って、パニックになって「なんでこんなのをやらなきゃならんのだ」と怒るでしょうね。