Blog Sugiura

Enjoy

博論コメント

sugiura, · カテゴリー: 大学院授業

ここのところ博論の原稿を読んでメモを取ってコメントを書いて送るということを連日行っている。
それにしても日本語にせよ英語にせよ文章力のある人の書いた論文は、内容や構成に集中して考えてコメントできるので、作業としては楽しい。

それにしても時間の見積もりが甘くて、ずいぶん遅れてしまって申し訳ないです。

サーバーとしてのMac

sugiura, · カテゴリー: Tech

基本的にUNIXなんで、サーバーとして使える。
ノート型であれば、電池使ってるので、無停電電源があるようなもの。
で、この設定をしておけば、停電から復帰しても、自動で再起動。

http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=61349-ja

TimeMachineで、1時間ごとに自動でバックアップとれるし。

もちろんハード的にサーバーとしての仕様になってないという批判はありますが、ハード的な故障は「運」としか言いようがない。

Any objections or comments?

Giving Academic Presentations

sugiura, · カテゴリー: bib, 英語の授業

Susan M. Reinhart (2002), The University of Michigan Press.

もともとESLの学生・大学院生向けに作られた教科書。
内容はしっかりしているが、使いこなす教師を選ぶ。学生を選ぶ。状況を選ぶ。
つまり、ミシガン大学の大学院に留学し、コースに入る前に、英語母語のESL教師に教えてもらう授業で使われる教科書として最適。
というわけで、英語(上級)の教科書として一般向けに推薦するのは無理。
 
あぁ、大学院生が自分で、自分が英語のプレゼンをするときに何に注意したらよいか(何が教科書で教えられるほど当然と思われているか)を学ぶのにはよい。つまり、動機と十分な英語力と使う目的が(差し迫って)はっきりしていれば、自習でも使える。役に立つ。

コメントを書くこと

sugiura, · カテゴリー: program, Tech, ことば

人のプログラム(スクリプト・ソースコード)を使わせてもらうのは、悪いことではないけれど、なぜそのプログラムがそのような動き・働きをするのか、ということは理解した上で、使った方がよい。特に、プログラミングを学ぶ立場にある場合は。
 
具体的には、ソースコードの各行に、そこで何がなされているのか、すべてコメントをつけていくと良い。まあ、これも、一種の「英文和訳」だな。ちゃんと訳せているかを見れば、原文がわかっているかどうか、すぐわかるというわけだ。

特定の「正規表現」だけを検索しリストを作成するPerl一行スクリプト

sugiura, · カテゴリー: program

perl -ne 'print $&."n" if(/正規表現/)' ファイル名


perl -ne 'print $&."n" if(/ww+/)' enamdict > name.list

これで、日本語の名前のローマ字2文字以上のリストができる。

日本語の「名前」のリスト

sugiura, · カテゴリー: program, Tech, ことば, 研究

ENAMDICT/JMnedict
http://www.csse.monash.edu.au/~jwb/enamdict_doc.html
http://ftp.monash.edu.au/pub/nihongo/enamdict.gz

フォーマットの原則は、次のようになっている:

漢字仮名まじり [よみがな] /romaji (?)/

ただし、ひらがなだけの場合はよみがなのフィールド自体がなかったり、歴史的な名前については、/romaji (?)/の中に名字と名前と年号が入っていたりする。

ローマ字だけ取り出すには、/ を手がかりに、その直後、のアルファベット文字だけをとれば、歴史的な名前を除くほぼすべての名前のリストを作成できる。約70万。

wc -l enamdict
728032 enamdict

二つのファイルを比べて、片方にだけある単語を見つける

sugiura, · カテゴリー: program

http://oscar.gsid.nagoya-u.ac.jp/program/perl/compB.txt

Perl 1行コマンド(3行目から8行目だけ表示)

sugiura, · カテゴリー: program

perl -ne 'print if 3 .. 8' file.txt

テキストファイル内の単語をバラバラにしてリストを作る

sugiura, · カテゴリー: program


#!/usr/bin/perl

# copyleft 2009-07-23 sugiura@nagoya-u.jp
# chklist.pl で、ファイル

while(<>){
chomp;                             # 改行コードをとる
@words = split(/ /,$_);       # スペースを境に単語を配列に入れる
}

foreach (@words){
s/W//g; # アルファベット以外は消す
}
@sortedwords = sort(@words); # 配列内の並べ替え
@sortedwords = grep {!$count{$_}++} @sortedwords; #配列内の重複をなくす定石
foreach (@sortedwords){ # 一覧表で出力
print;
print “n”;
}

村尾さん、博論、教授会審査結果「可」。Congratulations!

sugiura, · カテゴリー: News, 大学院授業

優・良・可・不可の可じゃなくて、可か不可かの可。満票。

『音声言語の認識における定型表現とプロソディの役割』

次の使命(夏休みの宿題)は、この主要部を英文にして国際学術雑誌にのせること。