Blog Sugiura

Enjoy

夜明けは近い

sugiura, · カテゴリー: 未分類

徹夜でやってもおわらん。9分もあるスピーチを4回も聞きなおさないと、次に進めないというのは、やたら時間がかかる。長すぎ!反省!これ、あと10回聞いたら「お褒め」の言葉がいただけるというのだけれど。10回、聞くかなあ?もちろん、これ、10回シャドウイングしたらかなりおぼわると思うよ。でも、そこまで、今の学生に「忍耐力」があるか、だ。3課分を、パラレルで開きながら、問題を解きながら、解説をチェックしながら、プログラムの動きを確認しながら、コメントやバグレポートを書くという、なんというか、、、、
 
夜明けは近い。(が、まだ終わってない。)

CALL教材確認作業

sugiura, · カテゴリー: 校務, 英語教育

3課分担当。今日できたのは、1課の半分に相当するリーディングセクションのみ。2時間30分。
 
締め切り、明後日、12月28日。
 
確認が終わったら、修正作業。締め切り、1月4日。

成田さん博士学位論文口述試験

sugiura, · カテゴリー: 大学院授業, 研究

関係各位

以下のとおり、博士学位論文口述試験を公開で行います。
どうぞ、ご参加ください。

題目:Linguistic Features and Writing Quality of Essays by Japanese EFL College Students

氏名:成田真澄

場所:6階 第一講義室

日時:2010年 1月 7日(木)13:00-14:00

審査:杉浦正利(主)、木下徹、大名力

Quantitative Methods in Linguistics

sugiura, · カテゴリー: bib, program, Tech, 大学院授業, 研究

Keith Johnson
Wiley-Blackwell (2008/3/21)
いやー、これ、すごいわ。
「リサーチデザインと言語統計処理」のテキストに理想的には最適だと思う。
しかし、このままは使えんだろうな。
しかしなぁ、やってる人は入門書でここまでやってる。このギャップ、、、

愛知・岐阜・三重 英語学談話会 最終回

sugiura, · カテゴリー: English, 研究

1955年から始まったのだそうだ。

145回あったことになるのだそうだ。

よくこれだけ続いたものだ。日常とはかけ離れた談話会で、普段触れることのない人やテーマと触れる貴重な機会だった。多くのことを学ばせてもらった。ありがとうございました。

おお、もう4時だ。昼ご飯食べるの忘れてた。

sugiura, · カテゴリー: 未分類

1時限目授業。
CALL教材開発関連作業。
会議。
打ち合わせ。
CALL教材開発関連作業続き。
今に至る。

奇跡の片付け

sugiura, · カテゴリー: 未分類

今日は授業は2時限目から。
1時限目前に研究室に来て、窓際の片付け。机の上に何もなくなって、気分いいなぁ。
無事、遮光フィルム、私が授業に行っている間に貼れていた。魔法みたい。
貼ってないかと思うくらいきれい。さすが、プロだなぁ。
ありがたい。
今から論文読んで読書会。

今から明日の授業の準備

sugiura, · カテゴリー: 未分類

朝一時限目から授業。
CALL教材の部品作り。各方面へ確認依頼。
科研の打合せ。
CALL教材の部品作り、つづき。
研究打合せ。
眼球運動測定装置の納品と設定の立ち会い。
CALL教材開発関連の打合せ。
で、家に教科書を持ち帰って、今から明日の授業の準備。
あ、しまった。明日、研究室の窓に遮光フィルムを貼る作業をするので、窓の前を片付けておくように言われていたんだった、、、どうやってあれを今から片付ける?

アンパン一つで75ファイル

sugiura, · カテゴリー: Tech, 校務, 英語教育

おとといの土曜日には朝10時から夕方6時までやって、1課分の作業を終えた。昨日の日曜日は、私の担当のもう1課分を終える予定だったが、朝10時から夕方4時まで、CALL教材の部品のファイル作り。なんとか午前中でと思ったが、甘かった。設問、選択、正解、解説、これらに目を通して適切かどうか判断し、修正が必要なら最適な修正を考えて、作成ってことやってたら、100個のファイルの4分の3で力つきた。
ちょっとおなかがすいたらとおもって持ってきたアンパンひとつで6時間ぶっとうし。アンパンがあってよかったなぁ。しかしそれでも終わらなかった。が、残りは、スライドの画像ファイル化などが主で、今日の午前中には何とかなるだろう。

1課分ファイル100個

sugiura, · カテゴリー: Tech, 校務, 英語教育

現在作成中のCALL教材、1課分の教材を作るのに、その部品となるファイル、音声・動画・静止画・テキスト各種合わせて100個作る必要がある。(問題作成とか撮影とはとは別に、それら素材が出来上がってきたものを、「部品」として個々のファイルにしていかないといけない。)
 
今年のプロジェクト全体では、全部で12課。1200個のファイル。
(そのうち私は2課分担当)

ふー、、、