Blog Sugiura

Enjoy

原稿直し

sugiura, · カテゴリー: 未分類

いやー、ちゃんと構成を考えずに書いた文章を直すというのはつらいものだ。
これは、言ってしまえば、言語の問題ではなく、思考の問題だ。
そして、それを読まされる人の「苦労」を考えられるかどうかというコミュニケーション能力の問題だ。
 
そういえば、その昔、女房が大学生のときある大学と英語のディベートをして負けたという話を思い出した。
なんで負けたかというと、何を言っているのかさっぱりわからなかったのだそうだ。(へたすぎて)
 
やっぱ、それはフェアじゃないよな。
 
言語表現以前の問題として、
1)ちゃんと整理してから言うこと
2)お互いに思いやりのあるフェアなコミュニケーションをすること
という二つの問題がある。

はがき

sugiura, · カテゴリー: 未分類

娘の運動会があって、私は会場には行けなかったLETの中部支部大会に丹羽先生がわざわざeFACEを見に来てくださっていたそうで、お礼のはがきを出したら、返事のはがきをいただいてしまった。

「愛教大まで名鉄で出かけるのは少々無理と思いましたが、内容がよかったのででかけました」とのこと。

ありがたいことです。うれしいことです。
(しかし、愛教大は、車でないと「遠い」。Googleの路線図でググると豊明から55分歩け、って出る。)
 

 

『日本語を教えるための第二言語習得論入門』

sugiura, · カテゴリー: bib

http://www.amazon.co.jp/dp/4874244807/

大関先生より献本をいただく。

一気に一冊目を通す。これは良い!

「日本語を教えるための」と枕詞は付いているが、基本的には「第二言語習得論」の入門書。
入門書ではありますが、第二言語習得論の基本的な文献を広く網羅している上に、ポイントをとてもわかりやすく説明してあってオススメ。

「ひまつぶし」と「ひつまぶし」が、母語話者間でのcorrective feedbackとか。
 
全国にある大学の日本語教育関連の講義の教科書として採用されることでしょう。
 
大学院では第二言語習得論をやりたいですというひとは、まずはこれを読んで、用語のチェックですな。

あ、まだ、店頭には並んでなかったんだ。6月1日発行。

サーバーの廃棄(cow.gsid.nagoya-u.ac.jp)

sugiura, · カテゴリー: 未分類

場所をとっているサーバーを一台廃棄しようと、中のデータを別のにバックアップとってるのだけれど、なかなか終わらない。コピーされていくファイルの一覧をみていると、いろいろと過去のことを思い出す。

tar cvfz sugiura.tar.gz sugiura/

バックアップの取り合いをしていて、雪だるま式にデータが増えているのがわかる。無計画なバックアップを反省。
 
これで提供していたサービスをどうするか、要検討。要望がある人は、乞う連絡。

『中村純作教授退職記念講義録「何故、コーパスか?」』

sugiura, · カテゴリー: 未分類

昨年度の立命館大学での最終講義の講義録を送っていただく。
とても興味深く読ませていただく。
私が1989年ころ5万8千円で5インチフロッピーで購入したICAMEのコーパスを、中村先生は1983年ころ研究費一年分で磁気テープで購入されていた。
あ、そうか、ちょうどそのころだ、鈴木先生が「Brownコーパスへの招待」を月刊言語に書かれていたのは。「招待」を真に受けて、こんなすばらしいものがあるのか、と心を躍らせて、鈴木先生の研究室へ行った。

杉浦「先生、Brownコーパス、使いたいのですが」
鈴木先生「うーん、、、杉浦くん、院生では無理だよ。大型計算機センターで助手の人にプログラム組んでもらわないと使えないから」
杉浦「え、、、そうなんですかぁ、、、」

『大学生のための英単語・文法ノート』

sugiura, · カテゴリー: 未分類

『大学生のための英単語・文法ノート—英語のプロムナード— 』
佐良木先生より献本をいただく。
http://www.amazon.co.jp/dp/4750331910/
かなり内容が濃くて盛りだくさん。
英語を専門とする大学生にお勧め。

人間ドック

sugiura, · カテゴリー: 未分類

2時間30分かかった。(待ち時間中に、博論の原稿を読んでコメントを書く。読了。)

身長170.3cm
体重56.3kg
腹囲79cm
視力(矯正)右1.0、左1.0
血圧99/63
頸動脈内中膜複合体厚0.6mm

原稿と推敲

sugiura, · カテゴリー: 未分類

元の原稿はカンバス上にサッと描いた下絵に過ぎず、絵は推敲という絵具を乗せていくことにより初めて絵になる。真の苦労と醍醐味は、むしろ推敲の方にある。

徳岡(2009)p. 370

パンフレット初校

sugiura, · カテゴリー: 未分類

研究科の広報委員として。
昨日の午後すべてと今日の午後半分つかった。
それでも、残っていることがまだある、、、
 
そうそう、少しはクリエイティブなところとして、表紙をガラッと変えてみました。お楽しみ。

博士論文の原稿を読む時間

sugiura, · カテゴリー: 未分類

一字一句、句読点まで含めて、もちろん内容も、細かいところまで「ひっかかる」ところを、本人にわかるように表現を考えながら赤ペンで書き込みをして読むと、だいたい1ページ、どんなに速く読んでも5分はかかります。内容の確認をしたりしたらすぐに10分はかかってしまいます。
 
で、100ページあったとして、最短でも、まあ、600分はかかるわけです。10時間ですね。で、原稿の完成度次第ですが、めやすとして、10時間から20時間はかかりますね。

これだけの時間を捻出するのに、どれだけの期間がかかるか、です。簡単にはいきません。