Blog Sugiura

Enjoy

http://sugiura-ken.org

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://sugiura-ken.org

Second Language Research Forum (SLRF) 2010

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://www.webspace.umd.edu/SLRF2010/

2010年10月14日から17日 メリーランド大学で。

事前登録の締め切りは、9月1日。100ドル。(学生は60ドル)

MacBook Air 熱暴走

sugiura, · カテゴリー: 未分類

使い物にならん。

kernel_taskが、140%とかになってて、まともに動かない。こりゃ、考えものだなぁ。

阪上君D3報告会

sugiura, · カテゴリー: 未分類

日時:2010年8月9日(月)10時30分より
場所:国際開発研究科棟6階 第1講義室
題目:「英語関係節の処理における有生性と統語構造の影響
     —日本人英語学習者の視線計測データから—」
主指導教員:杉浦正利
副指導教員:木下徹、山下淳子

東京大学教養学部英語部会

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/eigo/activity.html
ちゃんとやってるってことと、ちゃんとやってるってことを説明しているところがエラい。

名古屋とメリーランドの時差

sugiura, · カテゴリー: Life, UMD · タグ:

(★「夏時間」は、2007年より3月の第2日曜日から11月の第1日曜日までに「変更」になったということを後になって知りました。)

sugiura3

sugiura, · カテゴリー: 未分類

ファンのベアリングではなく、バックアップ用のハードディスクがエラー。物理的に壊れた。シーク音が変。異音がする。
物理的にケーブルを切り離して、/etc/fstabを書き換えてマウントしないようにして、再起動。
 
無事、起動。ダメになったのが、バックアップ用の方で良かった。
 
しかし、これを機に、sugiura3は、とめることにします。今のうちに利用者は自分のデータを退避しておいてください。

2010年8月の予定

sugiura, · カテゴリー: 未分類

8月13日金曜日 夏季休暇
8月16日月曜日 夏季休暇
8月17日火曜日 夏季休暇
8月18日水曜日 夏季休暇
8月19日木曜日 夏季休暇 あ、結局のところ、13日から1週間お休み、ってことですね。

2011年2月の予定

sugiura, · カテゴリー: schedule, UMD

2月13日(日)帰国
2月20日(日)出国

伊藤康祐君の死を悼む

sugiura, · カテゴリー: 未分類

大学のメールボックスに本が入っていた。また献本をいただいたかなと思って差出人を見るが、どうも見慣れない名前。
研究室に戻って開けてみて表紙の写真を見て「あれ?」と思う。伊藤君だ。数年前に私の担当した英語の授業の受講生。
法学部2年生後期の「英語セミナー」で、英語文章構成法を教えたときの受講生。翌年「英語ステップアップ」で「ぎゅっとe」(上級)を試行的に行った授業にも出てくれていた。
 
「ぎゅっとe」のオンライン掲示板に英語の勉強法について書き込みをしてくれて、それがきっかけで彼が書いているブログも見たことがあった。
 
ある朝、名大方面から八事日赤方面に向けて自転車で走っていると、伊藤君とすれ違った。後日、あのあたりに下宿しているのかなと思って聞いてみたら、そうではなくて、八事で地下鉄を降りて、そこから名大まで運動のために歩いてきていると言った。
 
英語はよくできた。「英語セミナー」ではクラスメートの投票により「Best Essay賞」に選ばれた。
英語の勉強法も自分なりに工夫をしていて自律して勉強していける学生だと思った。
国際的な弁護士になりたいと言っていた。
 
ハッキリとした目標と、それを実現させるための自律力、意志の強さを感じさせる学生だった。
しかし、それでいて控えめ。誠実さを感じさせる。
 
運動のため八事から名大まで歩くというの、いまどきの大学生でやりますか?別に太ってないどころかむしろやせ形。
 
しっかりした学生もいるもんだと感心した。

ぱらぱらと本をめくってみて、「え!」っと驚いた。2009年3月29日急逝。

亡くなった後、ブログを書いていたことをご両親が知り、それを本にして出版したのだった。そのブログの中に私の「英語セミナー」で「Best Essay賞」をもらったことが書いてあって、それで、ご両親が私宛に本を送って下さったのだった。
 
一人息子だったそうだ。悔やんでも悔やみきれいないと思う。
こういうすばらしい若者が日本にいること、そしてそういう若者を失ってしまったこと、日本にとっても惜しいことだと思う。
 
ご冥福を祈るしかない。

http://www.sangokan.com/books/978-4-88320-492-2.html