Blog Sugiura

Enjoy

IRB (Institutional Review Board)

sugiura, · カテゴリー: UMD, 研究

http://www.umresearch.umd.edu/IRB/
「Human subjects」って言って、ヒトを対象とした研究をする際には、許可が必要。
まず、オンラインでe-learningコースで「学習」してテストに合格しないと申請が出せない。
合格した上で、申請書を書いて提出する。
月に一回だかの会議で審議されて許可が出て初めてヒトを対象とした研究を行えるという流れ。
 
もちろん、医学とか薬学とかならわかるけど、そんな馬鹿なって思うけど、そうなってしまっている。
しばらく前に、そっち方面の分野でトラブルがあって訴訟があって大学が莫大な慰謝料を払うことになった事件があって、それ以降、こうなってしまったのだそうだ。
 
もちろん、パソコンで反応時間を測るってのでも、これが必要。
で、申請したら当然のこと、許可される。
 
しかし、この手順を踏んでないとできない。常識で考えて問題ないことでも、そうすることになっちゃったらやらざるをえない。馬鹿げている、とおもってもしょうがない。
 
うわさによると、オンラインでアンケートに答えてもらうこと自体、これが必要になったとか。そんな馬鹿なって思うでしょ。そんな馬鹿なっておもうことでも、やることになったらやるというのがルール。それを聞いたお年をめした言語学の先生が「Jesus!」とひとこと。そのうわさを伝えた先生も「I know, but ….」。
 
で、私の場合はどうかというと、Visiting scholar であるものの幸か不幸か雇用関係にはないので、メリーランド大学のIRBを通さなくてよいという判断になりました。雇用関係にない場合は、home institution でIRBで認められていれば良いと、言われたのですが、そもそも生命倫理委員会での審議なんて、日本では常識的に医学部とかでしかないし、IRBで問題になるような研究ではないと認められていると説明したら、根拠資料を出せといわれて、科研の交付決定通知書とその補助条件の説明文書(Terms and Conditions)に訳をつけてだしました。
 
訴えられてもUMDはカンケーない、といえるからなんだろうな、と思います。

WakeOnLan

sugiura, · カテゴリー: Tech

http://www.readpixel.com/wakeonlan/
寝ているMacを外からおこす。

http://ejje.weblio.jp/

sugiura, · カテゴリー: English, memo, 英語教育

http://ejje.weblio.jp/

これは使えますね。

Applied Psycholinguistics

sugiura, · カテゴリー: bib, 研究

http://journals.cambridge.org/action/displayJournal?jid=APS

Cog Sciコロキアム:幼児にとってのコミュニケーションの重要性

sugiura, · カテゴリー: UMD, 研究

引き続き、3時30分から。
もともとハンガリーの認知心理学者。
同じ刺激でも、単に提示するのと、幼児に語りかけて提示するのとで幼児の反応が違うという話。
話し手が自分を聞き手と想定して話すという相互作用的なコミュニケーションが子どもの認知発達に重要な役割を果たしていて、そうしたコミュニケーションを意識するということ自体が人間に特有であるという。
 
言い換えれば、テレビを見ているだけではダメ、やり取りがないと、ってこと。
インプットだけではダメ、インタラクションがないと、ってこと。うん?これって聞いたことのある話だよね。
ということは、L1でもL2でも、インタラクションが言語能力の発達に重要だってことで共通点があるってことになるかな。

N400とP600

sugiura, · カテゴリー: UMD, 研究

意味が変だと出るN400、統語が変だと出るP600といわれている脳波が、刺激文によってはそうならないことがある。
それはどうしてか、という研究が今日のLunch Talk。(Lunchはピザ)
中国語母語話者で、有生性の影響と意味役割の入れ替えの2要因で実験。部分的に仮説がサポートされる。
意味のプライミング効果は長くは持続しないということをふまえて、リニアな距離を変えて追加実験をしてみて、その結果をもとに考察。
テーマも面白いが、話の筋立て、議論の持っていき方もうまい。
ただ、実験文で、基本はSVOの中国語で、SOVの文型をとるBA構文を使っての実験。BA構文か受動態だと中国語でもVが最後に来るのだそうだ。しかし、基本はSVOなので限られた文型だと実験文が作りにくいということをトークの後で話してくれた。日本語でやったら実験文は作りやすいだろうに。
 
先週のトークがダメダメだったに比べ今日のはスガスガしい。
 
本人が気づいているかどうか、言及がなかったのでわからないが、この研究は、そもそも脳波はどういう時に変化するのか、何を測っているのか、という非常に本質的な部分に切り込んでいて、結果によっては非常に重要な研究になっていく可能性がある。

フロアーからの質問・コメントも「有生性って最近言う人が多いけど、それっていったいなんなの?他の概念ではまとめられないものなの?」とか「有生性そのものじゃなくて、それをふまえた構文とかそういうことが影響してるんじゃない?」という本質的な疑問が出てきて面白かった。

レベルの問題

sugiura, · カテゴリー: UMD, 研究

ある仕事をひとつ片付けた。

その後で聴講させてもらっている心理言語学の授業(90分を週2回を4ヶ月)に行く。

この授業では、この何週かかけて語の認知についてディスカッション。まさにディスカッションで、結論はある意味「ない」。

このディスカッションのレベルの高さにあらためて、いわば、愕然としている、、、

第二言語習得における処理単位に関する基礎的研究

sugiura, · カテゴリー: 研究

http://dicom1.gsid.nagoya-u.ac.jp/wiki/wiki.cgi/p3kaken
 
今やってる科研のプロジェクトのサイト。わけあって、ここからリンク。

Experimental Methods in Language Acquisition Research

sugiura, · カテゴリー: bib

http://www.amazon.co.jp/dp/9027219974/
 
オランダのユトレヒト大学の言語学科でのワークショップがもとになっているようだが、すごいもんだ。
 
メリーランド大学の言語学科もそうだけれど、言語学科で言語習得の研究をさかんにしている。
 
ひるがえって、日本ではどうか? ないですね。
 
心理学科の方でむしろやってますね。しかし、心理学科の方はやっぱりメインは心理であって言語ではない。
 
なんか、ポッカリ穴があいちゃってますね。

The 2011 Linguistic Institute

sugiura, · カテゴリー: News

http://verbs.colorado.edu/LSA2011/