Blog Sugiura

Enjoy

Winter Storm 2011 – JANUARY 10th – 21st

sugiura, · カテゴリー: portal, UMD

http://languagescience.umd.edu/wiki/WinterStorm

ELRA

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

European Language Resources Association
http://www.elra.info/

The Computational Modelling of Eye Movements

sugiura, · カテゴリー: bib · タグ:

http://homepages.inf.ed.ac.uk/smcdonal/Wellcome/publications.html

BNC Simple Search

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

http://www.natcorp.ox.ac.uk/using/index.xml?ID=simple

Word frequency lists and dictionary

sugiura, · カテゴリー: bib · タグ:

http://www.wordfrequency.info/
アメリカ英語の語彙頻度に関するサイト

4億語のアメリカ英語のコーパス

sugiura, · カテゴリー: bib · タグ:

The Corpus of Contemporary American English as the first reliable monitor corpus of English.
Mark Davies.
Lit Linguist Computing (2010) 25(4): 447-464 first published online October 27, 2010

Lit Linguist Computing (2010) 25 (4): 447-464. doi: 10.1093/llc/fqq018 First published online: October 27, 2010 This article appears in: Special Issue ‘Papers from Digital Humanities 2009, University of Maryland, USA’

ヘー、こんなのを2009年にUMDでやってたのね。あ、そういえば、言語学科にComutational Linguisticsの人がいるからなぁ。

The International Corpus of Learner English (Version : v2)

sugiura, · カテゴリー: English, 研究

http://universal.elra.info/product_info.php?products_id=1555

ん?いくらなんだ?

UPS電源つなぎ変え

sugiura, · カテゴリー: 未分類

研究室のサーバーの一つ、しばらく前から、無停電電源のバッテリーが死んでいるので交換するようにという警告が出たままだった。
 
いくつか止めたサーバーの一つで使っていたものを予備としてとってあって、それにつなぎ変えてもらった。
 
これでしばらく様子を見ることに。
 
こういう時に、同じ規格のものだと、助かる。
 
変にインターフェースを変えてほしくない。
 
ピアノやバイオリンとか、新製品ですといって、キーや弦の規格が変わったら、こまるでしょ。なんでわからんかなそれが、某社は。あー、まー、それだけちゃんと考えてないってことだね。

Dashの話

sugiura, · カテゴリー: English

http://en.wikipedia.org/wiki/Dash
よくまとまっていて感心しました。
英語で論文を書く人は、このページを見てからDashの記号を使ってください。
 
日本語だと丸括弧で追加的に書き足すところを、英文でDashを使って書き足す場合は、em-dashというMと同じ幅の長めの横棒の記号を使うこと。
 
つかえない場合は、ハイフンを二つ。

「専門用語」

sugiura, · カテゴリー: ことば, 研究

視線計測装置のEyeLink、被験者の人がボタンを押す装置が、なぜかMicrosoft のGame Pad。
で、ボタンを押すのを英語で説明しないといけないのだが、そのボタンを何とよぶか。
右に四つ並んでいて「X」「Y」「A」「B」と書いてあるのは「action buttons」。
左にある大きなボタンでカーソルキーのようなものが「D-Pad」。(DはDirectionか?)
持った時に、人差し指で引き金を引くように左右にあるのが「shoulder triggers」。
 
ああ、そういうのか、と覚える。覚えるしかない。個々の単語は知ってても、特定の組み合わせ方をして特定のものを指し示す表現として使う、ということ、それはやはり単語の知識とは違う。

逆に、そう言うということを知っているか知らないかで、その世界の人かどうかががわかるわけだ。

実験文の作成

sugiura, · カテゴリー: 研究

制約多し。
1)動詞と直後に名詞が来るパターン
2)動詞も名詞もJACET2000語以内
3)動詞の名詞の組み合わせで、動詞を固定して名詞の方で遷移確率が高いものと低いもの
4)BNCの限られた1億語のなかで現れている組み合わせでないといけない
5)動詞と名詞に他のパターンとの重複があってはいけない
6)できるだけもとの例文を使う
7)48×2パターン

Journal of Eye Movement Research

sugiura, · カテゴリー: bib, 研究

http://www.jemr.org/
えー、こんなのがあるんだぁ。

Fraysse-Kimさんの研究が本の一部として出版される

sugiura, · カテゴリー: bib, News

http://www.benjamins.com/cgi-bin/t_articles.cgi?bookid=SCL%2041&artid=619138307
立派なもんですね。

日本の仕事

sugiura, · カテゴリー: 英語教育

アメリカに来ていても日本の仕事をしているものの一つにCALL教材の開発があるのだけれど、β版の確認をしていて、前半のリーディングのチェックだけで2時間かかってしまった。後半のプレゼンもあわせたら、1課分4時間か、、、
それを4課分チェックして、16時間か。その後で、自分の担当の2課分を修正しないと行けないので、これは大変な作業だなぁ、、、

名大会話コーパスに関する講演とワークショップ

sugiura, · カテゴリー: News

http://www2.gsid.nagoya-u.ac.jp/wiki/dicom/wiki.cgi?page=dicom%2F2010-12-18

Developmental Psycholinguistics

sugiura, · カテゴリー: bib, 研究

Developmental Psycholinguistics: On-line methods in children’s language processing (Language Acquisition and Language Disorders) [Paperback]
Irina A. Sekerina (Editor), Eva M. Fernandez (Editor), Harald Clahsen (Editor)

この中の、Trueswell (2008)が、いわゆるVisual World Paradigmの実験方法の説明がわかりやすい。
文を聞かせながら、どこを見ているかをきろくしていく。
 
例: Put the frog on the napkin into the box.

この文の曖昧さの解消がどのように行われるか。