Blog Sugiura

Enjoy

Georgetown

sugiura, · カテゴリー: 未分類

昨日は、Georgetown大学でM先生の授業を見学させてもらった。
Introduction to Japanese Linguistics
学部向け。とっているのは、4年生4人と3年生一人。4月28日が今年最後の授業。
学期末のレポートの内容を一人ずつ説明してくれたのだが、その内容の濃さと、テーマのバリエーションの多さに驚く。もちろん、レポート自体を読んではいないのでレポートの出来はわからないが、口頭での説明で、その質の高さがよくわかる。先生は時間の都合があるので、次に進みたいのだが、先生が一言コメントいうとその3倍くらい詳しい説明をしてくるので、生半可な調べようではないことがよくわかる。それも、その学生、専門はコンピューターサイエンスで、副専攻が言語学と日本語という具合。
 
なお、学期末のレポートのほかに、take home exam があり、14問中10問は論述式の解答で、5月10日までにやって提出。何を見てもよいけど、クラスメートと相談はしないように、とのこと。
 
Georgetownの町はボストンに似て古い町並み。Washington D.C. に地下鉄ができるときに、Georgetownを通るようにするかどうか聞いたら、Georgetownの人たちは、人がたくさん来ると嫌だからといって、拒否したのだそうだ。しかし、今となっては後悔している模様。交通渋滞と駐車場不足がひどい。

自分がどこからアクセスしているかを知る

sugiura, · カテゴリー: Tech

http://dog.tele.jp/lookup.php

Idioms and Collocations

sugiura, · カテゴリー: bib

http://www.amazon.co.jp/dp/0826444733/
Idioms and Collocations: Corpus-based Linguistic and Lexicographic Studies (Research in Corpus and Discourse)
Christiane Fellbaum (編集)
ペーパーバック: 224ページ
出版社: Continuum Intl Pub Group (Sd) (2009/05)
言語 英語, 英語, 英語
ISBN-10: 0826444733
ISBN-13: 978-0826444738
発売日: 2009/05

英語で書いてあって英語の研究を踏まえているけど、ドイツ語が対象言語。

RでSVM

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ: ,

CRANのサイトから、kernlabというパッケージをダウンロードしてインストールすると、その中に、ksvmという関数で入っている。

気温30度、CPU64度 → キーのレイアウト

sugiura, · カテゴリー: 未分類

だめだ。もう暑すぎてMacBook Airは使えない。

安物acerでその場しのぎをするしかない。

キーボードのレイアウトが使いづらいので変更。
なんで、BackSpaceキーがこんなに小さくて、その隣にHomeがあるの?
ブラインドタッチしてたら、指が行っちゃうでしょ。なんでわかんないかなぁ。
作った人がちゃんと自分で使ってないんでしょうね。

PanasonicのLet’s note Y7もキーのレイアウトが変だったなぁ。
右のシフトキー、エンターキーの下右側に小っちゃくなってて、その左にカーソルキーの↑がある。
これじゃぁ右の小指でシフトキー押せないでしょ。困るなぁ。

KeySwap for XP
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se228667.html

視線計測用語 Data Viewerの変数との対応関係

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:
Data Viewer 変数名 一般用語 杉浦訳語
IA DWELL TIME total fixation time 総注視時間
IA FIRST FIXATION DURATION first fixation duration 初回注視継続時間
IA FIRST RUN DWELL TIME gaze duration (first pass time) 凝視継続時間
IA REGRESSION PATH DURATION go-past time (regression-path duration) 進行経過時間
IA FIXATION COUNT frequency of fixation 注視頻度
IA REGRESSION OUT FULL COUNT frequency of regression 逆行頻度

視線計測用語

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

英語ではだいたい共通の用語が使われだしてきているが、日本語での対訳はバラバラ。同じ論文の中でも違う表現をしていたりして困る。
こんなところでいかがでしょうか。

fixation: 注視
saccade: サッカード
regression: 逆行
first fixation duration: 初回注視継続時間
single fixation duration: 単一注視継続時間
gaze duration: 凝視継続時間
total fixation time: 総注視時間
go-past time: 進行経過時間
regression-path duration: 逆行込み進行継続時間
frequency of fixation: 注視頻度
frequency of regression: 逆行頻度
visual world paradigm: 視覚世界パラダイム
spillover effect: 波及効果

Visiome Platform

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://visiome.neuroinf.jp/
ほう。

日本視覚学会

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://wwwsoc.nii.ac.jp/vsj2/
こんな学会もあるんですねぇ。ハードですが。
学会誌を最新号まですべて公開しているのは助かります。

R の多変量解析

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

http://www.okada.jp.org/RWiki/?R%A4%CE%B4%F0%CB%DC%A5%D1%A5%C3%A5%B1%A1%BC%A5%B8%C3%E6%A4%CE%C2%BF%CA%D1%CE%CC%B2%F2%C0%CF%B4%D8%BF%F4%B0%EC%CD%F7

MAPLL (Mental Architecture for Processing and Learning of Language) 2011

sugiura, · カテゴリー: News

http://home.hiroshima-u.ac.jp/~hsakai/MAPLL2011.html
これはおもしろそうだ。

academictree

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://academictree.org/linguistics/
これがすべてではないけれど、人脈は把握しておくべき重要な情報の一つ。

K-means法

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

http://ja.wikipedia.org/wiki/K%E5%B9%B3%E5%9D%87%E6%B3%95
↑ちょっとこれだけでは、、、

http://d.hatena.ne.jp/nitoyon/20090409/kmeans_visualise
おお、↑わかりやすい。

おお、Rにもちゃんと入っている。kmeans()

Conditional Inference Trees

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

http://www.oga-lab.net/RGM2/func.php?rd_id=party:ctree

一種の決定木分析

Roll tide!

sugiura, · カテゴリー: News

アラバマ大学にやってまいりました。

2011 Symposium on corpus linguistics: “Exploring the Boundaries and Applications of Corpus Linguistics”
April 15-17, 2011, University of Alabama
http://www.as.ua.edu/english/life/symposium

(わけあってもう昨日は来るのをやめようかと思ったほど)

空港から1時間、大学のバンで連れて行ってくれる。ところが、Tornado Warning、最初は運転手の院生も、大丈夫だと思うよと言っていたけど、大学に着く直前で本当に竜巻がやってきて、ラジオから緊急放送で、危険だからカバーのあるところに避難するように、という。パトカーがサイレンを鳴らして走っていく。アラバマは何とピックアップトラックの覆面パトカーがいる。バンに一緒に乗っていたStefan Griesが「橋の下に隠れるのか?」と運転手に聞く、いや、どこかの建物に入る、と答える。どうするのかと思っていたら、AlabamaOneという銀行に車を乗り付けて駆け込む。10メートルほどでも土砂降りでびしょ濡れ。銀行に入ったらみんな金庫室に隠れていて、そっちから手招きをするので、金庫室に逃げ込む。30分ほどの間に竜巻は大体過ぎ去ったようだ。4つくらい「Touch down」して、そのうちの一つが、すぐ先を通って行ったという。あのまま車に乗っていたら本当に巻き込まれていた恐れ大。警報は出ていたがもう大丈夫だと思うよと銀行の人に言われて、ホテルに向かう。「Take care」といわれる。3ブロックくらい先のところ、屋外の大きな看板が、びりびりに破れていた。道路わきは川のように雨の水が流れている。

運転手のお兄ちゃん、近道があるんだけど、Floodになっているから通れない、大学の車だからね、という。大学の車だから危ないことはできないのかと理解したら、つづけて、俺のピックアップトラックなら大丈夫だけど、大学の車は信用できないから、という。

無事ホテルにはついたが、停電。Blackout。部屋に荷物を置いて大学へまたバンで送ってもらう。大学のカフェテリアで夕食。Mark Daviesが、どこからきたの、と話しかけてくれる。とてもゆっくりしたクリアーでおだやかな英語でわかりやすい。あなたのサイトにはとてもお世話になっていますとお礼を言う。

夕食後の、講演の前のオープニングのあいさつで、Department of EnglishのChairが、アラバマにようこそ、アラバマの言葉をお教えしましょう、と教えてくれたのが、「Roll tide」。こんにちわもさようならもなんでもこれでOKとのこと。ハワイのAlohaに相当するな。

Windows PowerShell

sugiura, · カテゴリー: 未分類

WindowsにもShellがある。

http://codezine.jp/article/detail/3371/

ずいぶん進歩したようだが、逆に、「画期的」であるがゆえに、使いずらい。

urban dictionary

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

http://www.urbandictionary.com/
非常に生々しい。
が、わかる人にはわかるが、わからない人にはチンプンカンプン。

lexical licensing

sugiura, · カテゴリー: 未分類

T先生に尋ねたら、以下の箇所をご指摘いただく。

In short, a lexical item is to be regarded as a correspondence rule, and
the lexicon as a whole is to be regarded as part of the PS-SS and SS-CS
interface modules. On this view, the formal role of lexical items is not
that they are “inserted” into syntactic derivations, but rather that they
license the correspondence of certain (near-)terminal symbols of syntactic
structure with phonological and conceptual structures.
(Jackendoff, 1997, The Architecture of Linguistic Faculty, pp. 89-90)

なるほど。的確なご指摘。わかりやすい。

OED Online

sugiura, · カテゴリー: bib, English

http://oed.com/

いずれこうなるとは思っていましたが、感慨深いものがあります。
 

異常値

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

異常値かどうかを検定する方法もあるんですね。
スミルノフ・グラブス検定
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/lecture/Grubbs/Grubbs.html

三種の心理物理学的測定法でみる精度と確度

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://www.yorku.ca/psycho/ja/index.html

すごいサイトがあるものですねぇ。