Blog Sugiura

Enjoy

MWE 2011

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

http://multiword.sf.net/mwe2011
 
こんなのがあったのを今頃知る。
 
時期的に無理、遠いし、残念。

アクセント記号とウムラウト

sugiura, · カテゴリー: Life Hack, memo

アクセント記号: Ctrl + Shift + ’ としてから文字を打つ
ウムラウト記号: Ctrl + : としてから文字を打つ

いやー、「メニュー」の「挿入」から「記号と特殊文字」を選んで一覧表から選ぶってのが、確実。
「メニュー」のないプログラムをお使いの方は、知りません。

いつのまにか8月26日(8月27日に下書きのままにしてあったこと)

sugiura, · カテゴリー: 未分類

8月23日
出国。デトロイトまでは、予定通り。ところが、その先の飛行機が、オイル漏れで、飛行機を変えることに。3時間遅れで出発・到着。遅くなってしまって困ったなと思っていたら、C.が迎えに来てくれていた。

8月24日
地区の教育センターで娘の小学校の入学手続き。小学校へも行く。その後、生活品の買い物。

8月25日

11月13日付で下書きにしたままにしてあったこと

sugiura, · カテゴリー: 未分類

午後遅くからの講演会で、夕方4時以降は駐車料金ははらわなくてよいと聞いて、キャンパスにとめていたらしっかり駐車違反の「切符」がワイパーにはさんであった。15ドルの罰金。チェックで送るか、オンラインでクレジットカードではらう。しかたなくオンラインではらう、、、

Google Document Form

sugiura, · カテゴリー: Life Hack, Tech

http://docs.google.com/support/bin/answer.py?hl=ja&answer=87809
これは、便利ですね。
アンケートが、簡単に作れて、結果が表計算プログラムのデータに直接入ってくれる。

(ちなみにURLみると、.pyってあるから、Pythonですね。)

Corpus Linguistics 2011

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://cl2011.org.uk
in Birmingham 20-22 July 2011.

小島さん、ポスター発表。

ColinさんのPsycholinguistics II終了

sugiura, · カテゴリー: UMD

今日が最終回。(5月10日で春学期おわり)
毎週、月曜と水曜、12時から1時30分まで。
秋が、Psycholinguistics I  (主に語レベル)
春が、Psycholinguistics II (主に文レベル)
なにしろ、週2回なので、半年でも1年分の授業量がある。つまり量的には2年分のことを扱う。
心理言語学研究の「古典」から最新の「in prep」まで広く、かつ、これでもかというほど徹底的に(正直、「もういいよ」と思うことも何度か、、、)議論を通して研究内容・データを検討していく。
 
最後に、最新の研究で問題となっているテーマについて、相反する結論をだしている論文の議論をとりあげて、学期末のレポートとしては、この問題を解決するにはどのような実験をすればよいか、という実験計画を立てるのが課題。
 
で、出来がよいものは、実際に研究につなげていく。実験をして、結果をまとめて議論をして発表までもっていく。
 

common.py

sugiura, · カテゴリー: program · タグ:

練習がてら、ちょこっとやったらできた。
http://sugiura-ken.org/wiki/wiki.cgi/exp?page=common%2Epy
一行一単語になっている二つのファイルから、共通するものを選び出す。
 
なるほどね。わかりやすい言語だ。

Fraternity & Sorority Houses at the University of Marylnad

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

http://www.youtube.com/watch?v=OAPvLSAq1hs
ほう、夏の間、貸すんだそうだ。
http://greek.umd.edu/2011/04/um-student-on-campus-summer-housing-available/

The Syntax of Pronoun Interpretation: Some Recurrent Themes

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

UMDの言語学科のMayFestで、最初の講演。
生成文法研究の流れの中で代名詞がどのように扱われてきたのかという話。
どう扱うかということは、つまり、逆に言えば、どのような理論で説明するかということで、
言い換えれば、生成文法理論の流れを代名詞の取り扱いを例に概観するという話。
 
Howard Lasnik先生は、まさにその流れの中でというか、その流れを作ってきた人なので、また一面、人生を語る、ということでもあって、面白白かった。50分の講演、10分の質疑応答では、短すぎ。
 
しかし、逆に言えば、このテーマでこの話を50分でできる人は他にはいないでしょう。
 
そして、さらに言えば、このテーマでこの話を50分でやってください、とこの人に頼めるということ自体がすごいことだ。

とても贅沢な話だ。