Blog Sugiura

Enjoy

CRCエラー

sugiura, · カテゴリー: 未分類

PCのハードディスクで読み込みエラーが発見されたので、外付けのHDDにバックアップを取ろうとしたら、途中で、「巡回冗長検査(CRC)エラー」というのがでて、コピーできなくなった。
 
どうやら本当にハードディスクに不良が起きて、ファイルが壊れているようだ。
 

Ctrl2cap

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb897578.aspx

emacs使うとなると、やっぱりCaps LockがCtrlじゃなくちゃなぁ、、、
Microsoftのなかにもそういう人きっといるんだろうな。

ややこしや

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

古き良き時代と違って、ずいぶんややこしい時代となった、、、
欲張ってCygwinが気持ちよく使える環境を整えるのはヤメ。

最低限。

Windows 7 にインストールしたCygwin では、sjis_defのを使う。

emacs -nw kiban_ab.tex で編集。

platex kiban_ab.tex でコンパイル、dviファイルができる。
dvipdfmx kiban_ab.dvi でPDFファイルに。

で、あとは、Windows上でふつうにPDFファイルとしてあつかう。

端末は、TeraTerm にCygwin接続というのがあって、それが便利。

Cygwin

sugiura, · カテゴリー: Tech

WindowsにTeXを入れるのはめんどくさそうなので、
Cygwinをいれて、そのうえで、TeXをつかおう。
 
http://kouyama.math.u-toyama.ac.jp/main/computer/personal/cygwin/1.7.x/index.htm

もし設定ファイルが自動でコピーされなったら、/etc/skel のなかにあるので、それを全部、自分のホームディレクトリーにコピーすること。

なになに、emacsで c-x c-cで終了するようにするには、環境変数で cygwin=ttyとするとな。

科研費LaTeX – 2012(H24)年度版 (2011年秋応募分)

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://osksn2.hep.sci.osaka-u.ac.jp/~taku/kakenhiLaTeX/
遅ればせながら、、、

科研費ー公募要領
http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/boshu/1310451.htm

意図不明

sugiura, · カテゴリー: 未分類

なんで、Windows、ボタンの機能を持っているのが文字だけ書いてあるように見えるのか。
なんで、文字パレットの色とメニューの地の色が同じでかさねたら、どの部分が文字パレットかわからなくなってしまうようにしてあるのか。
 
まったく理解できない。

学習者コーパス研究の現状と課題 -英語学習者コーパスを例に-

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://www.ninjal.ac.jp/event/project-meeting/m-2011/20111014-041/
国立国語研究所:多文化共生社会における日本語教育研究 研究発表会
迫田サブプロジェクト:学習者の言語環境と日本語の習得過程に関する研究
* リーダー名
迫田 久美子(日本語教育研究・情報センター客員教授)
* 開催期日
平成23年11月13日(日) 13:00~16:30
* 開催場所
国立国語研究所 多目的室(2F)

オンラインで穴埋め書き取りクイズ

sugiura, · カテゴリー: 英語の授業 · タグ:

NuCTの「テスト&クイズ」で、穴埋め式の問題が作成可能。
穴埋めにしておきたいところを、{ } で囲っておくだけ。
例: Even Homer {sometimes nods}.

これで、自動採点してくれる。
 
10カ所穴にしたら、配点を10点にしておくと、10点満点で採点。
 
で、設定で「回答提出後、学生にフィードバックする」を選んで、
「学生の回答」
「正解の回答」
「テストの得点」
「問題の得点」
にチェックを入れておくと、フィードバックができる。
 
学生には、このテストの受験の画面を出させておき、教員の方で、ビデオなり音声を再生すれば、それを聞いて書き取りをするというクイズが出来上がる。
 
センターへは、sshでファイル転送ができるので、事前に、ファイルを転送しておいて、授業の時にその場で開いて、再生すれば良い。
 
ただし、万が一、オンラインの操作がうまくいかなかったりしたら困るので、下書きのメモを兼ねて、紙にも書いてもらって、提出してもらう方がよい。
 
勉強するだけならいいけどね、それが「テスト」で、成績に反映されるとなると、やっぱり、オンラインの「受験」はriskyだと思う。

まあ、しかし、たった一回のためだけにこれを作るのもなんだかなぁ。
 
それに、こうしたことができるという事自体が「どこにも書いてない」し、オプションがやたらあっても、それを選ぶことがいったいどのようなことになるのかという説明がないので、カンでやるしかないところが、利用を妨げている。
 
一言でいえば、めんどくさいわ、これ。
このめんどくささと、得られるメリットを天秤にかけることになりますね。
 
CALLとかe-learningとか、結局、何のメリットがあるか、をよく考えないとね。
3年経ったら誰も見向きもしないようなことに自分の人生を使うのは、あまりにももったいないわ。
そこんところをよく見極めるように。

「フリーの英単語リストをまとめてみた」というサイト

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://readingmonkey.blog45.fc2.com/blog-entry-413.html

JACET 英語語彙研究会

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://j-varg.sakura.ne.jp/

The home of JACET8000

English Lexicon Project Web Site

sugiura, · カテゴリー: 研究

http://elexicon.wustl.edu/
おお、こんなサイトがあるんですねぇ。
 

Android tablet

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://www.itmedia.co.jp/keywords/android_tablet.html

やっぱりiPadは、プログラムのアップデートでさえ、Apple IDを入れないといけなかったり、10.6.6以上のMacOSのMacのiTunesと同期をとれとか、シバリがありすぎ。
 
Android Tabletの方が自由がきいてよいだろうな。スマートフォンは、ちょっと小さくて非力なので、事実上同じだけど、B5ノートくらいでストレスのないのがいい。

bluetooth

sugiura, · カテゴリー: 英語の授業

語学の授業で、音声をどう鳴らすか、という問題。
 
現段階でベストと思える方法。

mp3プレーヤーで音を再生し、bluetoothで、スピーカーに音を飛ばして、音を鳴らす。
 
必要な器材は、mp3プレーヤーとスピーカー。
いずれも、充電池で使うので、教室で電源とかケーブルをつなげなくてよい。
bluetoothで音を飛ばすので、これまたケーブル不要。
 
好きなところにスピーカーをおいて、手元のmp3プレーヤーで再生する。
 
これ、大成功。便利。オススメ。
 
使ってるスピーカーは、これ:
Logicool Wireless Speaker Z515

mp3プレーヤーは、最新のiPod touchもbluetoothでいけそうらしいけど、私が使っていた(もちろん語学の授業でですよ)、一世代前はbluetoothないので、困ってたら、アメリカで使っていて日本では使えないHTC heroのスマートフォンにmp3再生機能もbluetoothもあるということが分かって、それを流用。

Answers will vary.

sugiura, · カテゴリー: 英語の授業

ある教科書の、教師用マニュアルに、設問の解答として、「Answers will vary.」と書いてある。
これはやめてほしい。
解答例として、典型的なものを書いておいてほしい。何も書いてないのと同じだ、これは。
やっぱり、この教科書は今後は使うのをやめよう。

古紙

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

The ex-Gaussian distribution

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://rss.acs.unt.edu/Rdoc/library/gamlss.dist/html/exGAUS.html

反応時間は、ex-Gaussianで。

日本語ウェブコーパス 2010

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://s-yata.jp/corpus/nwc2010/

うーん、、、、
 

Prof Paul Nation

sugiura, · カテゴリー: 研究

http://www.victoria.ac.nz/lals/staff/paul-nation.aspx

リソースがそろっていますね。

「謝礼として図書カードなどを配付することも、研究に直接必要となるものであれば支出できます」

sugiura, · カテゴリー: 研究

http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/faq/1307138.htm

これが知りたかった!
 
できるんだ。

Artificial Intelligence | Natural Language Processing

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://see.stanford.edu/SEE/courseinfo.aspx?coll=63480b48-8819-4efd-8412-263f1a472f5a
 
“Complete Course Material Downloads:” 全部?う、すごい。

Sakai ? (NuCT)

sugiura, · カテゴリー: Tech · タグ:

自分の研究室でサーバーたてて、Moodleをいれて、授業してたんですが、サーバーの維持管理が面倒になってきて、せっかく、大学が用意してくれているというNuCTというCMSを使ってみようとしたんですが、、、
 
SakaiっていうCMSでそれなりに実績はあるようですが、Moodleだと簡単にできていたことが、できなくて、使いづらい。ただ、私が慣れていないだけかもしれませんが。しかし、どうしたら良いかが、よくわからないってこと自体、使いづらいってことですね。
 
なんとかなりませんかねぇ、、、

その後、「ウイークリーフォマット」のテンプレートはないという連絡が来ました。
ウィークリーで管理するような授業形態は想定していないということでしょうねぇ。
しかし、通常、授業は毎週あるんですけど、、、
なんで、 ウィークリーフォーマットなしで、学校のCMSが成り立つのだろうか、、、

その後、ある授業で実際に使おうと思ったら、すでに、履修登録をしている学生一覧がでてきた。
お、これは便利! 大学で正規に採用しているシステムで、教務情報ともリンクしていると、こういうことができるんですね。これは、個人でMoodleやってたらできません。
 
これだけでも、教員は利用の登録した方がよいですね。学生の履修状況の管理ができますから。
 
 

「サイト情報」=>「ツールを編集」すると、隠されているツールが出てきます。
ここから、「フォーラム」とかを選ぶことで、意見交換の場ができます。

その後、、、

登録ユーザーに、メッセージやアナウンスを送ることができて、それが、メールとしても送ることができる機能があることが分かり、これがあれば、メーリングリストを作らなくてよくなるので、さらに便利!とおもって、使ってみたが、メールが届かない。変だと思って、問い合わせたら、メールアドレスの使用機能は無効に設定してあるとのこと。

ん? 理由不明。技術的なことなのかもしれませんが、それにしても、その機能がシステムにありながら、使えないというのは、まったくもって、残念なことで、なんとかしてほしいと依頼中ではありますが、どうなりますことやら。

メールと連携しないと、プッシュ型の情報提供ができず、学生が見に来てくれないと、伝えられないということになって、結局、通知したい学生に通知できない、という、かなり制限のあることになって、授業の運営上、とっても不便。

別途、メーリングリストを作らないといけないのだったら、最初から、メーリングリストにして、必要な配布資料は、添付ファイルで送ったらすむじゃないの、という先生方に使ってもらうことはできないでしょうね。

せっかく、教務情報ともリンクしていて、学生のメールアドレスもそこから、リンクできるはずなのに、それをしていないというのは、何か理由があるのでしょうが、だからといって、この機能を無効にしたままというのは、問題は避けられますが、問題解決にはなっていませんね。

実際、授業で使おうと思っているのに、これでは困ります。なんとかしてください。

積算根拠

sugiura, · カテゴリー: Tech

MD(74分)に録音した音声データのMP3変換(CDで納品)1本2500円。
200本で、50万円。