Blog Sugiura

Enjoy

オンライン実験を通して探る日本語の母語獲得

sugiura, · カテゴリー: News

名古屋大学大学院・国際言語文化研究科
応用言語学講座第7回公開講演会/日本語教育学講座第18回公開講演会
鈴木孝明先生(京都産業大学外国語学部・教授)
2011年11月25日(金)午後 4 時半~ 6 時
全学教育棟・北棟406室
—————————————-
近年、子どものL1を対象としたオンライン実験が盛んに行われている。母語獲得研究の目的と意義を問い直し、選考注視法を用いた日本語の「統語的ブートストラッピング」(syntactic bootstrapping) に関する研究 (Kobayashi & Suzuki, 2011) とセルフペースト・リスニング法を利用した幼児の「かき混ぜ文処理」(processing of scrambled sentences) に関する研究 (Suzuki, 2010) を 紹介する。
—————————————-

今日です!

sort(unlist(strsplit(tail(ns.data, -1), “\W”)))

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

単語一覧

Kindle

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

研究室のiMacはOSが10.5.8。
なんと、Kindleは10.6以上でないと動かない。困ったもんだ。

googlegroups.com

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

JSLSのメインのメーリングリストが、googlegroupsに移行したことに気づかずに今日に至る。
JSLS2012の公式の開催案内のメールが流れたはずなのに来ないのは変だなと思って確認して、この事実が判明。
 
帰国前のドタバタの中で、見落としたらしい。
 
いずれにせよ、JSLS2012、名大でやります。
http://www.jslsweb.sakura.ne.jp/jsls2012/

N-GRAMS from the COCA and COHA corpora of American English

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ: ,

http://www.ngrams.info/

LionのMail困りモノ

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

スレッドになっている過去メールが表示されずに、コピーペーストすると、表面上表示されないまま内容がペーストされてしまう仕様。
 
Appleにオマカセでやってると、便利そうで、時に思わぬ穴に落ちる。
Appleは企業であり、企業の目的は、利潤の追求。善意の神ではない。
Appleは自分の製品を思いのママにできるが、他の人は勝手に手が出せない。LionのMailの仕様も、Appleがなおさない限り誰もなおせない。なおしてくれるのを待つしかない。
 
この無力感に私は耐えられない。
 

NICE誤用分析

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ: ,

そういえば、NICEのデータのうち、17人分を誤用分析したものがあったということに、先日、国立国語研究所で学習者コーパスについて話をした時に、思い出しました。
 
なんとかこれを公開できる形にもっていきたいですねぇ。

LibreOffice

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://ja.libreoffice.org/

なんだか、OpenOffice.orgは、サンからオラクルに移ってから、うまくいってないようで、主要な開発チームのメンバーが独立して、こちらで今後は開発を続けるのだそうだ。
 
じゃ、これからは、これか。
 
いやー、これはわかりやすくて使いやす。某ソフトの「リボン」などというわけのわからないのとは比べ物にならない。

The Contribution of Dictionary Use to the Production and Retention of Collocations in a Second Language

sugiura, · カテゴリー: bib · タグ:

Batia Laufer
International Journal of Lexicography
Volume24, Issue1
Pp. 29-49.

辞書でコロケーションを調べても1週間でほとんど忘れてしまうという話。
で、大事だから、もっと辞書でも目立つように書くべきだというのだが、
それで習得が促進されるか?

Combined eyetracking and keystroke-logging methods for studying cognitive processes in text production

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

WENGELIN ET AL.
Behavior Research Methods
2009, 41 (2), 337-351

こういうことやってる人がいるんですねぇ。うーん、、、

homepage of R. Harald Baayen

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://www.ualberta.ca/~baayen/

いやー、これはすごいわ。

「exemplar-based approaches to the lexicon」

「Especially for compounds, a coherent pattern emerges for how probabilistic rules may work in languages」

「the probability distribution of the possible choices given the modifier appears to be the key predictor」

「recently several labs have reported frequency effects for sequences of words」

「sequences of four words in an immediate recall task」

「There are hundreds of millions of different sequences of word pairs, word triplest, quadruplets, etc.」

「from corpus-derived co-occurrence matrices, in our case co-occurrence matrices derived from 11,172,554 two and three-word phrases (comprising in all 26,441,155 word tokens)」

「the Naive Discriminative Reader」

「there is only one forward pass of activation」

「its weights are not set by hand, but are derived from corpus input.」

「Mixed effects modeling 」

「the lme4 package of Douglas Bates provides a flexible toolkit for R.」

「a `real’ experiment is not a factorial experiment but a regression experiment.」

ね、もうこれだけで、まいったでしょ。

『現代日本語書き言葉均衡コーパス』

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

(BCCWJ:Balanced Corpus of Contemporary Written Japanese)
「現代の日本語の書き言葉の全体像を把握できるように集められたサンプルが約1億語収録されています。」

http://www.kotonoha.gr.jp/shonagon/
「本サイトで可能な検索は文字列検索(全文検索)だけ」

アカデミック版のDVDは、52,500円
利用単位は「研究室」

“compound lexical entry”

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

というのが、ICLEv2にでてきて、なんだこれは、と思ってググったが、でてこない。出てきたのは、ICLEv2のFAQのページだけ。 
 
結局のところ、これは、基本的に、CLAWSが「ditto tag」をつけている連語のことだった。

参照:CLAWS7 Manual

で、これは、形態素解析をする際に、バラバラの単語として形態素解析するのではなく「ひとかたまり」で付けた方が「現実的」と判断された連語のリストのこと。例えば、「all of a sudden」
 
で、これに基づき、学習者コーパスから、これらの表現の使用頻度が出るようになっているわけですが、まあ、出てもよいのですが、それなりに興味深いので、で、でも、それで何?ってことですよね。そこからが問題です。

統計学習の指導のために(先生向け)

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

http://www.stat.go.jp/teacher/index.htm

総務省統計局がこんなのを作ってるんですね。

「米国の軍用規格(MIL-STD 810G)テストに合格したノートパソコン」

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

Dell Latitude E6220ですけど、デイパックに入れてはこんだら、モニターの天板に何やらへっこみキズ。
いっしょにいれたACアダプターがあたってついたような感じ。
 
プラスチックが割れたら困るけど、アルミがへっこむのもなぁ。
パソコン本体の角はマグネシウム合金で強化してあるみたいだけど、天板がアルミの平板だとこうなるわけだ。

この辺がパナソニックの天板はマグネシウム合金のボンネット構造になっていて強いってわけだな。

そういえばアメリカのパトカーにはほんとにパナソニックのタフブックがつんであった。
そういえば、Verizonの工事の人もパナソニックのタフブックだったなあ。

CarMaxの経理の人はScanSnapで書類と小切手を全部読み込ませていたが、紙が詰まったらガシャッとあけて紙を出して、ガシャンと音がするくらい(実際にした)手荒に閉じていた。何度も。そんな手荒に扱うから調子悪くなって紙が詰まるんじゃないの、と言いたかったが言わなかった。

で、このDellはいったい何に合格したの?

ニュートリノは光より速い

sugiura, · カテゴリー: 研究

http://flab.phys.nagoya-u.ac.jp/2011/wp-content/uploads/2011/09/PressReleaseJPlast20110923.pdf

http://sankei.jp.msn.com/science/news/110926/scn11092611480003-n1.htm

どうやっても自分たちではこれが違うという検証結果が得られないので、公表してほかの人に検証してもらいたいということ。

検証が可能であること、反証できること、それが「科学」の条件。

ICLEv2

sugiura, · カテゴリー: 未分類

あれ、どうやってインストールしたんだっけ?
2011年4月27日に入れてるようだけど、、、
 
なんか、ちょっと苦労した気がするけど、忘れちゃったなぁ。
 
それとも、Windows 7 が64bit版だとだめかな?

それとも、Accessが入ってればいいのかな?

—-

やっかい。

CD-ROMでインストールしたら、CD-ROMが常に入ってないとダメといわれる。(XPの場合)
もうちょっと詳しく言うと、場所を変えると、どこにあるか、と聞かれるので、ある場所を指定しても、その後で、「ダメ」と言われるイジワルな話。

複数ライセンスを購入している場合は、中味をごっそりコピーして、そこからインストールするように、とのこと。
インストールした時点でのディレクトリー構造と違うところにデータは置けない「仕様」。
ところが、そうしても、エラーが出る。
—-
Could not connect to the data in the ICLE PROFILES
Run the ‘setup.exe’ program from the CD Rom to reinstall the query software
—-
で、指示通りにすると、
—————————————-
The installer has encountered an unexpected error installing
this package. This may include a problem within thisn package.
The error codes is 2869.
—————————————-
64bit版だからかなあ。やだなぁ。
Windows 7でも32bit版はインストールできたんだけど、、、

インストール時にディレクトリーを決めるというのは、まあ、しかたないにしても、64bit版で動かないというのは困る。
 
みんな困ってないのかなぁ、へんだなぁ、、、
使ってないのか、古いPC使ってるか、どっちか?

BatteryBar

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

http://osirisdevelopment.com/

これ便利

学振研究者使用ルール(補助条件)(平成23年度)

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/16_rule/data/shiyou_rule/rule_kiban.pdf

おお、こういうのまでもうオンラインにのってるんだね。

なになに、報告書は C-19で提出するとな。

http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/16_rule/index.html

4ページから6ページ程度にまとめか。なるほど。

忘れずに、、、

sugiura, · カテゴリー: bib, 研究

http://let.lang.nagoya-u.ac.jp/modules/xpwiki/?%C2%E878%B2%F3%BB%D9%C9%F4%B8%A6%B5%E6%C2%E7%B2%F1

第78回(2011年度秋季)支部研究大会
日時:2011年11月26日(土)
会場:立命館大学びわこ・くさつキャンパス

第1室: K304
#1: 14:00-14:30
テキストにおける共起傾向の偏りが学習者のコロケーションの処理に影響するか–コーパスの統計的指標とフレーズ認知課題を用いて–
草薙 邦広 (名古屋大学院生)

#2: 14:35-15:05
日本語母語英語学習者は動詞下位範疇化情報の処理が自動化されているか–視線計測装置を用いた実験の報告–
坂東 貴夫 (名古屋大学大学院生)
梁志鋭 (名古屋大学大学院生)
草薙邦広 (名古屋大学大学院生)
福田純也 (名古屋大学大学院生)
杉浦正利 (名古屋大学)

docxで回覧文書をメールの添付で送られると、、、

sugiura, · カテゴリー: 未分類

見る気しなくなるな。
 
文字だけなら本文に入れてほしいし、
docxひらくのにひつようなソフトは起動が遅いし、
 
やめてほしいなあ。
 
せめてPDFにしてほしいなぁ。

あー、docならいいかというと、そういう問題ではないんだけど、、、

e-Rad …

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://www.e-rad.go.jp/kenkyu/index.html
最後の最後の確認で、本人の知らない(覚えていようはずのない)パスワードを聞かれるなんて、、、
 
自分で変えられるようにしておきながら、変える前のを入れてください、だなんて、、、
 
あやうく、この2週間くらいの労力とこれから4年分の研究費がパーになるところだった。
 
絶対覚えられないパスワード。
 
それもこの時しか使わない。
 
そのうえ、最後の最後でこれを聞く「理由」がまったくもって意図不明。
本人が入力し終わって、その場で確認しようとするときに聞くんだよ。
 
こんな不条理はここ数年であったことがない。あ、この前も一つあったか、、、

うーん、、、

また? 壊れた。まだ言ってなかったっけ?

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:


交換してもらったものが、今度は、キーボードがこんな状態。
いやんならない?
 
2週間しか初期不良と認めないとAppleが言っているのだそうだ。生協が交渉中。
消耗してこわれたんならわかるけど、これ、前に交換してもらってから一ヶ月もたってないんで、一ヶ月でキーボードが消耗するってのはないでしょ。
 
やだなぁ、、、
 
—-
結局、修理。キーボード交換。
 
しかし、生協、交渉するって言っても、結局その間、使えないんだから、こまるよ。
 
むしろ、さっさとキーボード交換してくれた方がよかった。
 
さて、今日(11月14日)生協が取り来ると言ったけど、いつ戻ってくることやら、、、

自然言語処理特集号「コーパス言語学・言語教育と言語処理」(2005)

sugiura, · カテゴリー: bib

http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/jnltoc_ja.php?cdjournal=jnlp1994&cdvol=12&noissue=4

emacs/Tips

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

http://luke.skr.jp/hsj/?emacs%2FTips#c882a697
日本語の入力のこととか