Blog Sugiura

Enjoy

「3月27日から4月3日まで、フィラデルフィアで開催されるTESOL」

sugiura, · カテゴリー: 未分類

あ、そうですか。
たいていAAALと同じところで連続して行われるところが、今回は場所が違うんですね。
 

predictability 予測可能性

sugiura, · カテゴリー: bib, 研究 · タグ:

Frisson, Rayner, and Pickering (2005)

1) He mailed the letter without a _____.
2) He saw a beautiful _____.

Transitional ProbabilityはPredictabilityと独立しているか?

結論:TPはPredictabilityの一部(独立していない)。

The Oxford Handbook of Psycholinguistics

sugiura, · カテゴリー: bib · タグ:

アイトラッキング関連は、第6章と第18章と第19章。

(Section I Word recognition)
6 Eye movements and visual word recognition 89
Richard Shillcock
(語レベル)

(Section III Comprehension and discourse)
18 Spoken language comprehension: insights from eye movements 309
Michael K. Tanenhaus
(視覚世界パラダイム)

19 Eye movements and on-line comprehension processes 327
Adrian Staub and Keith Rayner
(文レベル、リーディンク)

本日の血圧

sugiura, · カテゴリー: 未分類

110/66

log

sugiura, · カテゴリー: 未分類

エクセルの関数は、デフォルトは、底が10。自然対数はlnとする。
Rは、自然対数。常用対数にするには、log10とする。
MIスコアなどでは、底を2とする。ゼロか1かのビットなので。
 
ややこしや。
 
 
えー、さらにややっこしいのが、エクセルでもVBAでは、logは自然対数で、常用対数にするには底の変換公式を使って変換しないといけない、つまり関数としてはない、のだそうだ。
 

正規性の検定

sugiura, · カテゴリー: 未分類

帰無仮説が「正規分布している」と設定される。
p値が5%未満(起きる確率)だったら、「正規分布している」を「なかったこと」(帰無)にする。
つまり、5%より小さかったら、正規分布しているとは言えない、ということになる。
 
この「考え方」が、よくある差の検定の場合と逆になっているので注意。

Ellis, Simpson-Vlach, and Maynard (2008)

sugiura, · カテゴリー: bib, 研究

Formulaic Language in Native and Second Language Speakers: Psycholinguistics, Corpus Linguistics, and TESOL.
TESOL Quarterly, Vol. 42, No. 3.
pp. 375-396.
 
コーパスから、3、4、5語表現で、100万語あたり10回以上の連語表現を抜き出し、
BarlowさんのCollocateで頻度とMIスコアを出した。
 
ジャンルが、アカデミックかどうかでLLで1%水準で頻度に差があるものを選び出した。
話し言葉で約2,000、書き言葉で約2,000。
 
そこから、話し言葉54、書き言葉54を、以下の枠組みで2表現ずつ層化ランダム抽出する。
1)3、4、5単語
2)頻度(低10.9、中15.0、高43.6)
3)MIスコア(低3.3、中6.7、高11)
 
3x3x3x2=54
 
で、合計108表現を実験項目に。
 
で、英語の先生方に、5段階で評価してもらう。
1)定型表現だと思うか
2)まとまった意味や機能があると思うか
3)教えた方がよいと思うか
 
で、相関が高いので、教えるに値する定型表現であると判断できる、と判断している。
 
実験1:フレーズ判断課題(反応時間)
反応時間を目的変数とした重回帰分析をして
母語話者は、MIが有意、頻度は有意ではない
学習者は、 MIは有意ではない、頻度が有意
 
実験2:読み上げ課題(Voice Onset Time)
同様に、
母語話者は、MIが有意、頻度は有意ではない
学習者は、 MIは有意ではない、頻度が有意
 
実験3:端末語判断課題(プライミング)
最後の単語の直前まで見せて(2秒)、1秒後に最後の単語を見せる。VOTをvoice keyで測定(使っているのはE-Prime)。
母語話者は、MIが有意、頻度は有意ではない
学習者は、 MIも頻度も有意ではない
 
で、まとめとしては、母語話者はMIに敏感で、学習者は頻度に敏感と結論付けている。
 
★疑問点
1)表現がlexical bundleであり、それに心理言語学的実在性があるというが、そうか?
2)重回帰分析のR^2が低すぎ
3)MIスコアをCollocateで出しているが、Collocateがどのような計算式でMIスコアを出しているか不明
 

 

@AAALinks

sugiura, · カテゴリー: 未分類

事前登録だけで1000人を超えてるのだそうだ。
#AAAL2012

Language Learning Lab

sugiura, · カテゴリー: 研究

http://web.me.com/ncellis/Language_Learning_Lab/Welcome.html
 
うーん、もともとは心理学か。
 
どっかで見た写真だなぁ。

5番目のフィールドにHとある場合のスコア(4番目フィールド)だけをベクトルに入れる

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

for (i in 1:nrow(MITP)){
if (MITP[i,5]==”H”){
TPH <- c(TPH, MITP[i,4])
}
}