Blog Sugiura

Enjoy

160部完売

sugiura, · カテゴリー: ことば · タグ:

JSLS2012開催中。

初日にして、大会ハンドブック160部完売。

Colinの話が50分というのはちょっと短すぎた。もったいない。

しかし、あそこまでColinが考えているとは思わなかった。これまでの生成文法の文法観ではリアルタイムの言語処理はとらえきれない、と言う。

そういえば、ハワイ大学でO’Gradyさんのゼミに参加させてもらった時に、O’Gradyさんが、文法というのは言語の実態をある瞬間で切り取った静止画のようなものだとたとえていたことを思い出した。

同じことを別の面から言っているように思われる。

 

 

 

Prosodic phrasing is central to language comprehension.

sugiura, · カテゴリー: bib

Frazier L, Carlson K, Clifton C Jr.

Trends Cogn Sci. 2006 Jun;10(6):244-9. Epub 2006 May 2.

The effects of frequency and predictability on eye fixations in reading: implications for the E-Z Reader model.

sugiura, · カテゴリー: bib

Rayner K, Ashby J, Pollatsek A, Reichle ED.

J Exp Psychol Hum Percept Perform. 2004 Aug;30(4):720-32.

The effect of lexical predictability on distributions of eye fixation durations.

sugiura, · カテゴリー: bib

Staub A.

Psychon Bull Rev. 2011 Apr;18(2):371-6.

 

The word grouping hypothesis and eye movements during reading.

sugiura, · カテゴリー: bib

J Exp Psychol Learn Mem Cogn. 2008 Nov;34(6):1552-60.
Drieghe D, Pollatsek A, Staub A, Rayner K.

Lexical predictability exerts robust effects on fixation duration, but not on initial landing position during reading.

sugiura, · カテゴリー: bib

Exp Psychol. 2009;56(1):66-74.
Vainio S, Hyona J, Pajunen A.

ubuntu は debian

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

debianで配布されているdebファイルは、単に、ダブルクリックするだけで、ソフトウェアセンターというのが起動して、ubuntuにインストールできるのだと。

ふーむ、、、

Title:Synthesis and Meta-Analysis in Applied Linguistics

sugiura, · カテゴリー: News
Lecturer:Prof. Lourdes Ortega(University of Hawai‘i at Ma-noa/Georgetown University)
8月6日 月曜日 3時30分より5時
全学教育棟406
応用言語学講座公開講演演会/日本語教育学講座公開講演会
後援:2012年度国際言語文化研究科教育研究プロジェクト経費

Applying Priming Methods to L2 Learning, Teaching and Research

sugiura, · カテゴリー: bib
Trofmovich, Pavel
Applying Priming Methods to L2 Learning, Teaching and Research
John Benjamins, 2011
9789027213020
6,741
科研費で購入

$ sudo mount -tvfat /dev/sda1 /mnt/

sugiura, · カテゴリー: Tech

https://answers.launchpad.net/dell-mini/+question/60269

こんなふうにしてDOSの領域をマウントする。

 

PictBear ペイントソフト

sugiura, · カテゴリー: software

http://www.fenrir-inc.com/jp/pictbear/

Ubuntu One

sugiura, · カテゴリー: Life Hack, Tech · タグ: ,

https://one.ubuntu.com/downloads/windows/install/

これでWindowsとLinuxでクラウドでデータを共有できます。

と、おもったら、ちょっとつまずく。
http://watnab.blogspot.jp/2012/02/windowsubuntu-one.html

 

が、まあ、ウェブベースでもファイルのアップロードできるので、そうすればWindowsでも使えます。

 https://login.ubuntu.com/

Wubi.exe

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ: ,

https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Install/WubiGuide

これで、あたなのPCでもLinuxが動きます。

公開講座「英語の書記体系 ─文字と綴りについて─」

sugiura, · カテゴリー: News

講師:大名先生。
受講受付始まってます。
http://www.gsid.nagoya-u.ac.jp/ohna/koukaikouza2012/

NINJAL-LWP for BCCWJ

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://ninjal-lwp-bccwj.ninjal.ac.jp/
 
最大の欠点は、これを口頭でなんと発音してよいか不明という点だな。
 

The Phrase Finder

sugiura, · カテゴリー: English

http://www.phrases.org.uk

知ってないとわからない表現を知るために。

今日の一言 stochastic

sugiura, · カテゴリー: 未分類

確率論的な

相談すること

sugiura, · カテゴリー: 未分類

一人で全部できるわけではないので、周りの人に相談しないと、困ったことになりますよ。

Teaching Jazz Chants – Carolyn Graham

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://www.youtube.com/watch?v=R_nPUuPryCs

おお、Carolyn Graham 自身が、Jazz Chants 誕生の逸話を語っている。New Yorkで生まれたんだ。
 
(いやー、しかし、年取ったなぁ、、、)

Bley-Vroman (2002)

sugiura, · カテゴリー: bib

FREQUENCY IN PRODUCTION, COMPREHENSION, AND ACQUISITION.
SSLA, 24, 209–213.
 
なぜ、ダーウィンは「profound ignorance」と言うかというと、統計的にそれらの共起頻度が高い「から」そう言うわけではなく、言いたい内容に該当する表現がそうであるからだ、という指摘。
 
でも、どうして「great ignorance」と言わなかったかというのは「a commonly used phrase among his contemporaries」かも、と述べているが、いずれにせよ、統計的な傾向というのは、派生的な結果であって、それが言語知識ではない、という立場。
 
ところが、英語では、
Who saw what?
Who sat where?
は文法的なのに、
*Who came why?
*Who came how?
は非文法的。
 
日本語母語英語学習者は、
Who saw what?
は、文法的と判断するが、
Who sat where?
は、「非文法的」と判断してしまう。

その原因を、Bley-Vroman自身は、「subject-object questions might be more frequent in the input than subject-location types」と、頻度に起因するのではないかと述べ、Bank of Englishで実際調べて、「subject-object questions are in fact overwhelmingly the most frequent, with subject-location types being extremely rare」と述べている。
 ところが、英語母語話者は、この極端な頻度の偏りにも拘らず、Who sat where?も文法的であると判断するのは、生成文法の言う言語知識を母語話者は獲得したからだという。
 
この日本語母語英語学習者の話は、
—————————————-
Bley-Vroman, R., & Yoshinaga, N. (2000). The acquisition of multiple wh-questions by high-proficiency non-native speakers of English. Second Language Research, 16, 3–26.
—————————————-
に出ているもの。
 
1)この「日本語母語英語学習者」の「文法性判断」というのがいったいなんなのかが疑問。
2)L2学習者は「頻度」の影響を受ける、という点はBley-Vromanも認めていることになる。
3)ダーウィンが「great ignorance」と言わなかったのは「頻度」の影響ではないのか?
4)母語話者の「文法的」という判断は、「均一」か?

EUROSLA22

sugiura, · カテゴリー: 未分類

http://ifa.amu.edu.pl/eurosla22/start

ディレクトリー内のすべてに対する処理

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:


my関数 <- function() {
files <- list.files()
for (i in files) {
   ここに処理を書く
}
}

R tips紹介

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

http://www.okada.jp.org/RWiki/?Tips%BE%D2%B2%F0

Rでbi-gram

sugiura, · カテゴリー: program · タグ:

(注意:WordPressの制約上、「文字化け」があって、このままコピペでは動かない。)
--------------------
my2gram <- function(a,b){ # 目的語二つ!
output.file <- choose.files()
lines.tmp <- scan(choose.files(), what="char", sep="n")
data.tmp <- grep("\*(JPN|NS)...:t", lines.tmp, value=T)
body.tmp <- gsub("\*(JPN|NS)...:t", "", data.tmp)
body.tmp <- body.tmp[body.tmp != ""] #空行を削除。

word.tmp <- unlist(strsplit(body.tmp, "\W+")) # 1文字以上の英数字以外で切って「単語」バラバラに

for (i in 1:length(word.tmp)-1) {
cat(word.tmp[i], word.tmp[i+1], "n", file=output.file, append=T)
}
}
--------------------

my2gram() 実行
最初に保存ファイル名を入力(例 2gram.txt)
次に、分析対象ファイルを選択

結果はファイルとして保存される

保存されたファイルを読み込んでみる

table(scan(choose.files(), what="char", sep="n"))

Rの中に入れる

bigramNS002 <- table(scan(choose.files(), what="char", sep="n"))

head(sort(bigramNS002, decreasing = T), 10)

--------------------
myTopBigram <- function(a) {
tmp <- table(scan(choose.files(), what="char", sep="n"))
head(sort(tmp, decreasing=T), a)
}
--------------------

myTopBigram(20)


—————————————-

ここに至るまでの話は、こちらで、、、
http://sugiura-ken.org/wiki/wiki.cgi/exp?page=R

A0 ポスター

sugiura, · カテゴリー: 未分類

生協で、普通紙 5,775円、光沢紙 8,925円。
翌日A3出力で校正、その翌日出来上がり。
http://www.nucoop.jp/print/service.html
 
まあ、この大きさで出力するか、それとも、A4で16枚に分けて印刷するか、A3で8枚で印刷するか。