Blog Sugiura

Enjoy

メールの転送エラーを装った添付ファイル付きメールに注意

sugiura, · カテゴリー: Life Hack, News, Tech

あたかも自分が出したメールが、戻ってきたように添付ファイル付きで戻ってきたかのごとく送られてくるメールに注意。
「知らない人から」ではなく、
「自分から」もしくは、
「自分の使っているネットワーク管理者」を「装った」アドレスから
送られてくるメールに注意です。
 
添付ファイルを開けてはいけません。削除!

Everything search engine

sugiura, · カテゴリー: software

http://www.voidtools.com/
ファイル名の高速検索

Google デスクトップサーチ亡き後はこれか。

『心理学研究』

sugiura, · カテゴリー: bib

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjpsy/-char/ja/
 
学術雑誌は、こうしておいてくれると、心置きなく紙媒体はリサイクルに回せてうれしい。

JACET中部支部紀要第10号への投稿締め切りを延長

sugiura, · カテゴリー: News

新しい投稿締め切り日は、2012年9月30日24時

投稿要領
http://www.jacet-chubu.org/

第4回JCHAT賞 優秀論文賞

sugiura, · カテゴリー: News · タグ:

Dear JSLS members,

We are pleased to announce the winners of the fourth J-CHAT Award.

Best paper:

“An eye-tracking study on the collocation knowledge of native French speakers”

By Itsuko FUJIMURA, Masatoshi SUGIURA, Junko YAMASHITA, Takao BANDO, Chi Yui LEUNG (Nagoya University) and Shoko BAUMERT

Best paper utilizing JCHAT/CHILDES:

NA

The award ceremony will be held at the annual conference next year, to
be held at Kwassui Women’s University (June 28-30, 2013).

Congratulations!

Yasuhiro Shirai
President, JSLS

JSLS会員の皆様

第4回JCHAT賞の受賞者が決定しました。

優秀論文賞

アイトラッキングを使ったフランス語母語話者のコロケーション知識の測定

藤村逸子、 杉浦正利、山下淳子、坂東貴夫、梁志鋭 (名古屋大学)ボーメール晶子

優秀論文賞(JCHAT/CHILDES利用)

該当なし

授賞式は2013年の大会(活水女子大学、6月28-30日)で行われます。

おめでとうございます。

JSLS会長
白井恭弘

A big surprise.

著作権

sugiura, · カテゴリー: bib, memo, 研究

http://www.bunka.go.jp/chosakuken/index.html
こちらをよく読んでください。

PDFだめだ

sugiura, · カテゴリー: software

PDFならいいだろうと思ったが、だめだ。
文字が印刷されなかったり、(文字化け)
とてつもない画像ファイルが埋め込まれていたり、、、
パソコンの画面上(自分の)で、それが表示されるから、それで良いと思って送られてくるのだが、いざ印刷しようとすると、事実上、印刷できない。
 
やっぱり紙でだしてもらわないとダメだ。

かなり複合的な問題で、どういうファイルをどういう条件でどういうソフトでPDFにしたか、そして、どういうプリンターで印刷するか、という問題がかかわっている。
 
自分で自分のためだけならよいけれど、他の人に読んでもらう、もしくは、他の人のを読ませられるという、自分以外の人がかかわってくると顕在化する問題だ。
 

Visual Studio Express 2012 for Windows 8

sugiura, · カテゴリー: program, software, Tech

http://www.microsoft.com/visualstudio/11/ja-jp/downloads#express-win8
 
Windows 7でも互換性OK。
 
こうした開発環境が無料なわけです。
そうでもして、OSに合ったプログラムを多くの人がつくってれればOSが生きながらえるというわけです。
 

The International Symposium on Processability Approaches to Language Acquisition (PALA)

sugiura, · カテゴリー: News

http://www.pala2012.ugent.be/node/3
 
おお、連続してシンポジウムもあるんですね。

The International Summer School on Processability Theory and Second Language Acquisition

sugiura, · カテゴリー: bib, News, 研究

http://www.pala2012.ugent.be/node/2

The SWIFT model

sugiura, · カテゴリー: bib, software, 研究 · タグ:

http://www.agnld.uni-potsdam.de/~ralf/swift/
 
読みの眼球運動をシミュレーションするもうひとつのプログラム。
 
E-Z Readerがシリアルなのに対し、こちらはパラレルなモデル。
 

E-Z Reader

sugiura, · カテゴリー: bib, software, 研究 · タグ:

http://www.pitt.edu/~reichle/ezreader.html
 
読みの眼球運動をシミュレーションするプログラム。
 

第15回DICOM研究会:コーパスとコロケーションの諸問題

sugiura, · カテゴリー: News

DICOMでは、以下の通り、パリ第7大学のデロワ中村弥生先生をお迎えして、コー
パスとコロケーションの諸問題を考える研究会を開催します。公開で行いますの
でふるってご参加ください。

第15回DICOM研究会:
「コーパスとコロケーションの諸問題」
日時 2012年 8月20日(月)10時30分より16時15分
場所 国際開発研究科棟(8F)第1会議室

★★★昼休みが短時間です。17日までにご連絡いただくとお弁当を注文します。
ご希望の方はお知らせください。または、お昼御飯をご持参ください。★★★

■プログラム:
10:30:
・デロワ中村弥生(パリ第7大学):節単位のアライメントのための言語学基礎
研究と実験結果に見られる問題点
・新實葉子(名古屋大学国際開発研究科): there be NP構文と対応する日本語文からみる
StateとAchievement-日英語双方向パラレルコーパスを用いて-
・石田知美(名古屋大学国際開発研究科):判別分析を使った学習者英語の言語的特徴

12:20
お昼休み

13:00:
・村尾玲美(名古屋大学国際言語文化研究科):ofを含む連語表現の使用分析
・阿部大輔(名古屋大学国際開発研究科):母語話者と学習者のコロケーションフレームワーク知識
・阪上辰也(広島大学):学習者コーパスNICEに見られる bi-gram 表現の分析―MIスコアを用いて―
・小島ますみ(岐阜市立女子短期大学):語彙の豊かさと習熟度の関係
・藤村逸子(名古屋大学国際開発研究科)青木繁伸(群馬大学):Log-R-ScoreとZipfの法則によるコロケーションの特徴づけ

デロワ中村弥生先生のご紹介:
パリ第7大学日本語科講師
http://www.yayoi.fr/TAL/intro_jp.html
研究分野:自然言語処理、e-learning、言語学
博士論文:「日本語とフランス語のパラレルコーパスの自動アライメント」(フランス語)

連絡先・問合せ先:藤村逸子
— FUJIMURA Itsuko

Apple Wireless Keyboard

sugiura, · カテゴリー: Life Hack, Tech

ノートパソコンで作業をしていると、手のひらの下がPCの発熱で温かくなって、血液が暖められて、体中がホカホカしてくる。冬ならよいけど夏はこれでは暑くてたまらない。困ったなと思っていたら、なんと、Apple Wireless KeyboardがBluetoothで使えることがわかり、さっそくやってみる。これは便利。
ところが、全角・半角の切り替えがMacのようにはできず、Windows のキーもなく、困っていたところ、IronPythonで作ったプログラムがあることがわかりさっそく利用。
 
http://www.misuzilla.org/Distribution/AppleWirelessKeyboardHelper/
 
これまた便利。

これはおすすめ。

調べている途中で、なんと、Apple Wireless Keyboardは、新型が出ていて、電池2本で使えるそうだ。安くなったし。いいなこれ。

PDF24 Creator

sugiura, · カテゴリー: software

http://en.pdf24.org/
いろいろありますね

CALICO Journal Audio

sugiura, · カテゴリー: bib, 研究

http://www.slu.edu/colleges/AS/languages/calico/?p=home
たしかに、これはいいかも。
 
目で読むのは疲れますからね、耳で聞きたい。

コーパス・コロケーション研究会(ココ研)

sugiura, · カテゴリー: News

日時:8月20日(月)午前10時30分より午後4時30分(予定)
場所:名古屋大学大学院国際開発研究科 第一会議室
お弁当、850円 http://blog.chezjiroud.jp/?eid=65

Keystroke Logging

sugiura, · カテゴリー: bib, software, Tech

The Psycholinguistic Dimension in Second Language Writing: Opportunities for Research and Pedagogy Using Computer Keystroke Logging
TESOL Quarterly
Volume 42, Issue 3, September 2008, Pages: 433–454, KRISTYAN SPELMAN MILLER, EVA LINDGREN and KIRK P. H. SULLIVAN

Article first published online : 30 DEC 2011, DOI: 10.1002/j.1545-7249.2008.tb00140.x

なになにJEditを使ってログをとる?
2秒以上がポーズと記録される。

the location and duration of pauses
(normally identified as those nonwriting occurrences longer than 2 seconds in duration, and indicated as a bracketed number),

これですね
http://www.jedit.org/index.php
なになに、Javaで書かれているので、MacでもWindowsでもLinuxでも使える、、、

どうやってログをとるのかな?

Dropboxの「リンクの取得」が便利

sugiura, · カテゴリー: Life Hack

大きなファイルをメールに添付するのは、いろいろとトラブルのもとだし、、、
と、おもっていたら、
標記の件、とても便利。
Webの方で、該当のファイルを選んで、「リンクの取得」とすると、オンラインでの、そのファイルのURLが作成されて、そのURLをメールに書いて送れば、先方は、そのリンクをクリックして、そのファイルをダウンロードできるというわけ。

Norris and Ortega 2000

sugiura, · カテゴリー: bib

John M. Norris,
Lourdes Ortega
Effectiveness of L2 Instruction: A Research Synthesis and Quantitative Meta-analysis
Language Learning
Volume 50, Issue 3, pages 417–528, September 2000

—————————————-
この論文を書くのに、分析対象の候補として読んだ先行研究が250。
(それとは別に、研究自体の先行研究も読んでいるわけだ。)
そのうち分析対象として残ったのが77。
それを「効果量」で比較する。
わかったこと
1)Forcus on Form も Forcus on FormS も同様に効果がある。
2)暗示的な学習よりも明示的な学習の方が効果がある。
—————————————-
という話を直接Ortegaさんから聞けたので、ポイントがとてもクリアーにわかりました。
 
250本を手分けして読んだのではなくて、二人とも読んで判断してます。だから、どんな研究があるか全部わかってた、とおっしゃってました。脱帽ですね。

第56回計量国語学会

sugiura, · カテゴリー: News

2012 年9月29日【土】 13:00 ~ 17:45
名古屋大学全学教育棟北棟406 号室

http://jhlee.sakura.ne.jp/0929/Poster_keiryo.pdf

Ortegaさんの講演会 明日(8月6日)の午後だった

sugiura, · カテゴリー: News

◆Lecturer:Prof. Lourdes Ortega(Georgetown University)

◆Title:Synthesis and Meta-Analysis in Applied Linguistics

◆Time & Date: 15:30 pm–17:00 pm, August 6 (Mon.), 2012

◆Venue: 406 Liberal Arts & Sciences Main Building 4th Fl. (全学教育棟
406), Nagoya University

クローズテスト作成CGIの修正

sugiura, · カテゴリー: program, 英語教育

http://oscar.gsid.nagoya-u.ac.jp/program/perl/cloze2.html
 
全国英語教育学会でお会いしたS先生より(私と漢字でもカナでもローマ字でも1文字違い)クローズテストを作るページが便利だったけれど、動いてないことがありましたがどうなりましたか、と聞かれて確認。
 
動いてました。けど、古いアドレスのページだと、見つけられないので、上記のURLをお知り合いの方はお伝えくださいませ。
 
で、動作確認をしていたら、バグ、発見。一応、修正。

全国英語教育学会 ランチョンセミナー終了

sugiura, · カテゴリー: Life Hack, News, software

ランチは、セミナー後に。
修了生・在校生のみなさんがあつまってくださるのはうれしいものです。ありがとう。
 
プレゼンは、まず、FreeMindでブレーンストーミングして、
それを見ながら、スライドを、LibreOffice3.5のImpressで作りました。
どちらもMacでもWindowsでもLinuxでも同様に動いて便利便利。
 
ただ、Macでは、スライド一覧の方で、「かってに」ドラッグ&ドロップスライドが起きることがあって、スライドが思わぬところに移動して困ることが頻発した。原因不明。
 
スライド97枚で、話は65分。
最後のデモをする時間がなくなりました。(デモの部分は、近いうちにアップロードします。)
質疑応答の時間もなしでした。
 
ま、時間ぴったりに終わったので、きりがよくてこれはこれでよかったかな、と。
 
質問がある人はどうぞご連絡ください。

TCP 2013 Call for Papers

sugiura, · カテゴリー: News

http://www.otsu.icl.keio.ac.jp/tcp/
The abstract must be received by November 30, 2012