Blog Sugiura

Enjoy

Washington DCのホテル予約

sugiura, · カテゴリー: Life Hack, memo

メリーランド大学での打ち合わせのため、AAAL2013の前にWashington DCにホテルを予約。
レンタカーしないので、地下鉄沿線で、駅から近いところ。
ダレスについて、レーガンから飛び立つ。
メリーランド大学へは、Green Lineで行く。
地下鉄路線図を見ながら、三つの点の中心あたりを探す。
Rosslynだ。
ダレスからWashington DCへの高速バスがDCへ入るひとつ前に停まることを思い出した。
終点でもないのにやけに降りる人が多いなぁと思ったことを思い出した。
地下鉄に乗り換えるポイントなんだ。
ここからレーガンへはBlueで一本。
Orangeに乗ればすぐにGreenに乗り換えられる。
Washington DCでホテルに泊まることは思ってもみなかったが、泊まる身になってホテルを探すと、さすがに高い。
ギリギリ予算内のところに決める。

NICE Symposium 2013

sugiura, · カテゴリー: News · タグ: , ,

★多数のご参加、ありがとうございました。(杉浦)

NICE Symposium poster b

シンポジウム: 第二言語習得研究のための学習者コーパス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013年3月5日(火曜日)11:00 – 17:00
名古屋大学 国際開発研究科 オーディトリアム(8階)
—————————————-
11:00 – 12:20 研究事例報告 第1部(1件20分)
 ・古泉 隆「学習者コーパスNICEの探索的誤用分析」
 ・草薙邦広「心理言語学的評定値に基づく産出語彙の評価」
 ・福田純也「タスク遂行の主観的困難度が外国語学習者の言語産出に与える影響」
 ・江口朗子「文法形態素の習得研究におけるGroup Score Method の再考」
(12:20 – 13:00 昼休み)
13:00 – 14:00 講演1
  投野由紀夫「CEFRによる学習者コーパスデータのライティング評価」
14:05 – 15:20 研究事例報告 第2部(1件25分)
 ・三木 望「NICEの日本人学習者のエッセイと添削文を利用した
       パラレルコーパスの研究」
 ・奥切 恵「談話で分析する日本語話者の英語関係節構文習得」
 ・阪上辰也「産出面から見た英語関係節の習得研究」
15:30 – 16:30 講演2
  石川慎一郎「アジア圏国際英語学習者コーパスICNALEの設計と構築:
         中間言語対照分析の精緻化に向けて」
16:30 – 17:00 全体討論会
17:00 閉会
17:30 より懇親会(当日、受付にてお申し込みください。)
—————————————-
科研費(代表:杉浦正利)による公開(無料)シンポジウム
後援:名古屋大学大学院国際開発研究科国際コミュニケーション専攻
http://sgr.gsid.nagoya-u.ac.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

fait accompli

sugiura, · カテゴリー: English, Life Hack

/féɪṭəkɑmplíː/

修士・博士論文を書く人へのアドバイス

sugiura, · カテゴリー: 未分類

1)読むべき文献には二種類ある。
  古典として読んでおくべきものと
  最新の最先端の研究成果。
 
  で、自分の研究の直接的な足がかりとすべきなのは後者。
  ★まだだれも研究したことがないことを研究するのが研究。
   (自分が知らないことを学ぶのは「お勉強」)

2)実験項目こそが研究の質を決める。
  「ことば」を材料とするとき、その「ことば」をどう選ぶかが問題。
  先行研究で使っているから、というのは安易だが注意が必要。
  1)先行研究の欠点がそのよくない実験項目に由来する恐れあり。
  2)研究者として自分の頭で考えてないことになる。
  ★自律的に自分で考えられるかどうかが一人前かどうかの条件。
 
  実験項目がまずいと、それに基づいて行ったことはすべて信頼できなくなる。
  (いくら料理の名人でも、素材が悪かったらおいしい料理はできません。)

3)わかりやすく書く。
  お勉強したことは自分のノートに書いてください。
  論文に書くのは議論に必要なことだけ。
  構成を考えて書くように。整理してから書くように。

Eigo with Luke

sugiura, · カテゴリー: English, ことば, 英語教育

http://www.eigowithluke.com/

日本語がすごく上手。不自然なところは数か所しかない。

Weblio英和辞典・和英辞典

sugiura, · カテゴリー: bib, English

http://ejje.weblio.jp/

これでいいか。

英語ライティングルールブック

sugiura, · カテゴリー: bib, English, 英語教育

http://www.amazon.co.jp/dp/4887245165
英語で文章を書く人は、最低、これくらいは読んでおいてほしいなぁ。
 
テキトーに書いてはいかんよ。
 
テキトーに行末で単語をハイフネーションしていかんよ。
 
テキトーに:と;を使ってはいかんよ。
 
テキトーに数字を使ってはいかんよ。
 
テキトーにダッシュとかハイフンを使ってはいかんよ。
 
ワープロの言うままに序数を上付き文字にしてはいかんよ。

テキトーに’を使ってはいかんよ。

テキトーにフォントを使ってはいかんよ。

テキトーにフォントの大きさを決めてはいかんよ。
 
テキトーに省略記号を使ってはいかんよ。

テキトーに中略の … を使ってはいかんよ。
 
スマートクオートはスマートじゃないので信用してまかせてはいかんよ。(” と ‘ )

見出しだけをページの最後の行に残してはいかんよ。

表がページをまたいではいかんよ。
 
目安として一ページ以上にわたるパラグラフは内容の整理が不十分だよ。
 
わかってくれるはずと思って書いてはいかんよ。これ以外に解釈のしようはないように吟味して書かないと。
 
表現が怪しかったらGoogleで引用符付で検索してみること。”あやしいひょうげん”
 
もちろん、スペルチェックはかけてね。もちろん自動で修正じゃなくて、一つずつ目で確認してね。

本文中にでてくる参考文献は、全部、参考文献リストに載っているか、一ページ目から全てリストと照合して順に一つずつ確認してね。決してめんどくさがらないように。だって、これを人が読むわけだからね。読む人の身になって書くように。
 
これも読んでね ↓
The Pc is Not a Typewriter

脳科学辞典

sugiura, · カテゴリー: bib, 研究

http://bsd.neuroinf.jp

これはすばらしい。

Microsoft Office 2010 保護されたビューの問題

sugiura, · カテゴリー: software

1)問題ではないのに「問題が見つかりました」と警告することの危険性。
  「オオカミが来たぞ」と同じで、村人は信用しなくなる。
2)責任逃れ。
  「信頼できる場合のみ、編集を開始してください」と警告が出る。
  万が一問題が起きた時には、警告にもかかわらず使用したユーザーに責任があり、メーカーには責任がない、という口実となる。
 
必要なのは具体的で正確な情報の提供である。
1)何が問題なのか
2)どうして問題なのか
3)どういう解決法があるか
 
ヘルプを読んでいくとつぎのような記述がある。

次に示す Office ファイル形式は、ファイル検証エラーの原因となります。

Word 97-2003 ファイル (.doc、.dot)
Excel 97-2003 ファイル (.xls、.xla、.xlt、.xlm、.xlb、.xlt)
PowerPoint 97-2003 ファイル (.ppt、.pot.、pps、.ppa)

なんというか、この精神は理解できない。