Blog Sugiura

Enjoy

NICE 3.0 公開

sugiura, · カテゴリー: News

http://sgr.gsid.nagoya-u.ac.jp/wordpress/?page_id=695

統計分析ソフト HAD

sugiura, · カテゴリー: memo

http://norimune.net/had
こういうのをコツコツ作っている人もいるんですね。
こういう人も立派だと思います。

バイオインフォマティクス入門

sugiura, · カテゴリー: memo

http://bio-info.biz/
立派だなあ、こういう建設的なサイトは。
 

脳科学辞典

sugiura, · カテゴリー: bib, memo · タグ:

http://bsd.neuroinf.jp/

TED Talks

sugiura, · カテゴリー: English

http://ngl.cengage.com/21centuryreading/student/
印刷物の教科書を買った学生はこのサイトを見ることになっていて、
このサイト自体は誰でも無料で閲覧できるというシステム。
教材として使うには、印刷物の教科書が必要、ということ。
うまいこと考えたものだ。

“I want that third alternative.”

sugiura, · カテゴリー: English

選択肢は二つしかないといわれて、「もっと考えろ」と。

文部科学省トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > 外国語教育

sugiura, · カテゴリー: memo, 英語教育

http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/index.htm
初等中等教育局 国際教育課 外国語教育推進室

RLogin

sugiura, · カテゴリー: software, Tech

http://nanno.dip.jp/softlib/man/rlogin/

これいいなぁ。

論文の共有について

sugiura, · カテゴリー: memo

三段階あります。(例:Elsevierの場合)

Preprint
 投稿時点での原稿
 これは、著作者に著作権があるので好きに好きなところに載せて良い。

Accepted Manuscript
 編集者・査読者とのやり取りを経て採択された時点での原稿
 著作者以外がかかわっているので制限を受ける。
 個人のホームページやブログに載せてもよい。
 アクセス制限のあるリポジトリ―に載せてよい。
 著者個人が個人的にコピーを渡してもよい。
 配布禁止期間(例えば48か月)を過ぎたら、大学のリポジトリ―に掲載可。

Published Journal Article
 編集を経て雑誌の版面に「印刷」された状態の論文
 著者が自分の授業で学生に、また、個人的に知人に個人使用のために渡してもよい。
 それ以外は、原則、サイトに行って入手してもらう。

Personal use

Authors can use their articles, in full or in part, for a wide range of scholarly, non-commercial purposes as outlined below:

Use by an author in the author’s classroom teaching (including distribution of copies, paper or electronic)
Distribution of copies (including through e-mail) to known research colleagues for their personal use (but not for Commercial Use)
Inclusion in a thesis or dissertation (provided that this is not to be published commercially)
Use in a subsequent compilation of the author’s works
Extending the Article to book-length form
Preparation of other derivative works (but not for Commercial Use)
Otherwise using or re-using portions or excerpts in other works

These rights apply for all Elsevier authors who publish their article as either a subscription article or an open access article. In all cases we require that all Elsevier authors always include a full acknowledgement and, if appropriate, a link to the final published version hosted on Science Direct.
http://www.elsevier.com/about/company-information/policies/copyright/personal-use

Applicability of processability theory to Japanese adolescent EFL learners

sugiura, · カテゴリー: bib, News, 研究

Applicability of processability theory to Japanese adolescent EFL learners: A case study of early L2 syntactic and morphological development
Akiko Eguchi, Masatoshi Sugiura
System
Volume 52, August 2015, Pages 115–126
doi:10.1016/j.system.2015.05.005

To help you access and share your article, we are providing you with the following personal article link, which will provide free access to your article, and is valid for 50 days, until August 9, 2015

http://authors.elsevier.com/a/1RE7B_,oOjn9is

Please use this link to download a personal copy of your article for your own archive. You are also welcome to email the link to your co-authors and colleagues, or post the link on your own homepage, Facebook, Google+, Twitter or other social media profile, to tell your network about your new publication. Anyone who clicks on the link until August 9, 2015, will be taken to the final version of your article on ScienceDirect for free. No sign up or registration is needed – just click and read!

つまり、8月9日までは、だれでもフリーアクセスで無料でダウンロードできます。