Blog Sugiura

Enjoy

英語母語話者と学習者の読解における処理単位に関する研究 –視線計測による単語の読み飛ばしの観察データに基づいて–

sugiura, · カテゴリー: News, 研究 · タグ:

第81回外国語教育メディア学会中部支部研究大会
日時:2013年5月25日(土)
会場:東海学園大学名古屋キャンパス

杉浦 正利 名古屋大学
梁 志鋭 名古屋大学
阿部 大輔 名古屋大学大学院

第2室(421講義室)
14:50-15:20

Tobii X2 Eye Tracker Installation and Configuration

sugiura, · カテゴリー: memo, Tech, 研究 · タグ:

http://youtu.be/Vf4vgAo6534

The SWIFT model

sugiura, · カテゴリー: bib, software, 研究 · タグ:

http://www.agnld.uni-potsdam.de/~ralf/swift/
 
読みの眼球運動をシミュレーションするもうひとつのプログラム。
 
E-Z Readerがシリアルなのに対し、こちらはパラレルなモデル。
 

E-Z Reader

sugiura, · カテゴリー: bib, software, 研究 · タグ:

http://www.pitt.edu/~reichle/ezreader.html
 
読みの眼球運動をシミュレーションするプログラム。
 

predictability 予測可能性

sugiura, · カテゴリー: bib, 研究 · タグ:

Frisson, Rayner, and Pickering (2005)

1) He mailed the letter without a _____.
2) He saw a beautiful _____.

Transitional ProbabilityはPredictabilityと独立しているか?

結論:TPはPredictabilityの一部(独立していない)。

The Oxford Handbook of Psycholinguistics

sugiura, · カテゴリー: bib · タグ:

アイトラッキング関連は、第6章と第18章と第19章。

(Section I Word recognition)
6 Eye movements and visual word recognition 89
Richard Shillcock
(語レベル)

(Section III Comprehension and discourse)
18 Spoken language comprehension: insights from eye movements 309
Michael K. Tanenhaus
(視覚世界パラダイム)

19 Eye movements and on-line comprehension processes 327
Adrian Staub and Keith Rayner
(文レベル、リーディンク)

Combined eyetracking and keystroke-logging methods for studying cognitive processes in text production

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

WENGELIN ET AL.
Behavior Research Methods
2009, 41 (2), 337-351

こういうことやってる人がいるんですねぇ。うーん、、、

UMass のソフト

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

ここにあるのだけど、↓
http://www.psych.umass.edu/eyelab/software/eyelabmuseum/
UMDでは、独自のスクリプトを使って補っている。
http://languagescience.umd.edu/wiki/Eyelink%201000%20Eyetracker

ポイントは、
1)刺激文のデータを別ファイルで用意しておけば、EyeTrackで読み込める形に変換してくれる
2)結果分析のところ、EyeDryでやらずに、Rへデータフレームで持ってけるようにしている
点。
領域の設定をしておけば、最終的に、通常の分析で使用する値をすべてRで、データフレームで読み込めるので、あとは、Rで好きにやって頂戴ということ。
 
SR ResearchのExperiment Builder と Data Viewerは、確かに便利ではあるけれど、言語研究専用ではないので、逆に、どこは使わなくてよいかというところを見極めないといけない。
 
言語研究専用で必要な値を、Rのデータフレームで一気に読み込めるところまで持っていけるのは、逆に言えば、近道かもしれませんよ。

もっといえば、SR ResearchのExperiment Builder と Data Viewerは、授業やワークショップで教えるわけにはいかない。高すぎて買えません。

視線計測用語 Data Viewerの変数との対応関係

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:
Data Viewer 変数名 一般用語 杉浦訳語
IA DWELL TIME total fixation time 総注視時間
IA FIRST FIXATION DURATION first fixation duration 初回注視継続時間
IA FIRST RUN DWELL TIME gaze duration (first pass time) 凝視継続時間
IA REGRESSION PATH DURATION go-past time (regression-path duration) 進行経過時間
IA FIXATION COUNT frequency of fixation 注視頻度
IA REGRESSION OUT FULL COUNT frequency of regression 逆行頻度

視線計測用語

sugiura, · カテゴリー: 未分類 · タグ:

英語ではだいたい共通の用語が使われだしてきているが、日本語での対訳はバラバラ。同じ論文の中でも違う表現をしていたりして困る。
こんなところでいかがでしょうか。

fixation: 注視
saccade: サッカード
regression: 逆行
first fixation duration: 初回注視継続時間
single fixation duration: 単一注視継続時間
gaze duration: 凝視継続時間
total fixation time: 総注視時間
go-past time: 進行経過時間
regression-path duration: 逆行込み進行継続時間
frequency of fixation: 注視頻度
frequency of regression: 逆行頻度
visual world paradigm: 視覚世界パラダイム
spillover effect: 波及効果