Blog Sugiura

Enjoy

言葉の倫理

sugiura, · カテゴリー: ことば, 教育

「地図は現地ではない」と言ったのは、一般意味論の アルフレッド・コージブスキーだ。

言い換えると、言葉はそれが指し示すものそのものではない、ということだ。

さらに言い換えると、言葉は伝えたいことのすべてを言い表せない、ということだ。

しかし、逆に言えば、言葉ですべてを言い表す必要はない、というのが、人と人とのコミュニケーションだ。

言い表したいことを氷の塊全体だとすると、水面に現れるのは氷山の一角。見えない部分の方が多い。

ヘミングウェイが「氷山の理論」というのを唱えていること最近知った。全部言わなくても読者は分かってくれるはずだ、という。どこを水面に出すか、が重要になるわけだ。

言い表したいことを球体に例えれば、球体を照らす光は片面しか照らすことはできない。もしくは、球体を見る、とたとえてもよいだろう。球体の全体を一度に見ることはできない、あちこちから視点を変えて眺めないと全体像は把握できない。

言葉ですべてを言い表せないとしたら、法律はどうなるのか。

そこで「解釈」が行われる。言葉そのものが言い表していることは何かではなく、言葉を使って伝えたいと思っていることは何かを「解釈」する。

文字通りの意味と意図された意味の違い。意味論の意味と語用論の意図の違い。

相手の言っている言葉は分かるけれど、なぜそんなことを言うのか、その意図がわからないときに「What do you mean?」と聞く。意図を理解したいから。

そこにあるのは人と人とのコミュニケーション。

言葉、言語表現は「解釈」される必要がある。

解釈には二種類ある。善意の解釈と悪意の解釈。言葉はすべてを言い表せないのだから、言い表されている言葉を手掛かりに話し手・書き手は何を意図していたのだろうかと、相手の意図を理解しようと努力すること、話し手と聞き手とで協力してコミュニケーションを成立させようとすること、それが善意の解釈。よりよい人間関係につながる。

相手の意図は考えずに、表されている言葉だけを見て、そこに表されていることだけをすべてだと思うこと、さらに、言い表されていない部分を相手の意図とは関係なく自分勝手に「解釈」すること、それが悪意の解釈。表面の言葉だけを見れば、そうとも解釈できないわけではないけれど、それを話し手は意図していないにもかかわらず、そうだと勝手に解釈してしまう。

そこには人と人とのコミュニケーションはない。意図を理解しようという努力はなされない。相手の気持ちを理解しようという思いやりはない。

外国語を学ぶのは何のためか。いろんな目的があり、どれが正しいということはない。しかし、忘れてならない目的の一つが、「地図は現地ではない」ということを身をもって学ぶことではないか。言葉とはどのような性質のものか。人にとって言葉はどのようなものか。言葉はどのように使うべきか。何のために。

そうして、言葉に意識的になって、それを善意に解釈すること。

コミュニケーションは、話し手と聞き手、双方の努力がなければ成立しない。コミュニケーションを成立させるためには、相手のこと、相手の気持ちを考えること、配慮すること、思いやり、善意の解釈をすることが必要だ。

それが言葉の倫理だ。

Using Big Data to Solve Economic and Social Problems

sugiura, · カテゴリー: bib, memo, 教育

すごいですねぇ。

Understanding by Design (UbD)

sugiura, · カテゴリー: memo, 教育, 英語教育

https://www.amazon.co.jp/dp/0131950843/

Backward Design 逆向き設計

これとCEFRのCAN-DO Listがつながる。

博論予備審査の基準

sugiura, · カテゴリー: memo, 大学院授業, 教育
  1. 論文の題目・構成・体裁とも博士論文として妥当であるか。
  2. 論旨が明解で、首尾一貫性があるか。
  3. 関連分野の先行研究を十分にふまえた研究となっているか。
  4. 実験方法・分析手法ならびに結果の解釈は博士論文の水準を満たしているか。
  5. 研究成果はオリジナルなものであり関連研究分野の発展に貢献するものであるか。

moodleにしとけばよかったね

sugiura, · カテゴリー: software, Tech, 教育

sakai

1)使いづらい。

2)日本で流通している情報量が桁違いに少ない。

3)設計思想として、15週授業のあるコースが前提とされていない。

∴ 学期単位で動いている日本の大学の授業には向いていない。

 

The Khan Academy

sugiura, · カテゴリー: 教育

http://www.khanacademy.org/
いっぱいあり過ぎ。表紙が重過ぎ。
 
これが何かはまずはこっちを見た方がよい:
http://www.khanacademy.org/about

教育学習支援システム Sakaiを用いたNUCT

sugiura, · カテゴリー: News, Tech, 大学院授業, 教育, 英語の授業

https://ct.nagoya-u.ac.jp/
名大では、これまで使っていたWebCTが、ライセンス(料)の関係で使えなくなって、あらたなCMSを導入することになった。Moodleにするかも、といううわさもあったが、結果的に、Sakaiになった模様。
3月初めに講習会があるというが、忙しくて出られない。
講習会の模様をビデオに撮ってVODにしてもらえないかなぁ。
後は自分でやってみて、質問があれば、問い合わせ先に聞いてもよいということにしてくれれば、助かるのだが、、、
 
もうそろそろ自前でMoodleでやるってのもねぇ。
普通に大学側で提供するサービスとしての環境整備をすべき時代になってきていると思う。

CALL教材開発会議2件

sugiura, · カテゴリー: Tech, 教育, 校務, 英語の授業

13時から15時まで。開発チーム6名と教材を載せることになるであろうサーバーの管理責任者の某K先生と。

引き続き、15時から16時30分まで。開発チーム6名で。各自現状の報告と、今後のタスクの確認と、教材の改善案と、来週の開発会議(9時5時)に向けての議題整理。

プレゼンテーションを目玉にした教材。来年前期に名大で使用予定。

午前中の準備からすると、今日一日これだけで終わる。さすがに疲れた。が、チームのみんなが頑張ってくれるのでやってられる。

音が出ない

sugiura, · カテゴリー: Tech, 教育

CALL教室で、学生が音が出ません、というので、見てみると確かに出ない。

たいていこういうときは、ケーブルが抜けている。確認したがささっている。

音声のボリュームが、ゼロになっていたり、ミュートになっていたりとか、、、。これも違う。

再生ソフトの方でメモリが振れているので、ソフト的には、音が出ているはず。

ということは、物理的な故障。

仕方ないので、席を替わらせて、学習をさせる。後ろの席ではOK。ということは、この席固有。

断線か?

システムを再起動して、試すが、変化なし。

再度、ケーブルを確認。ちゃんと入っている。と、おもったら、本体への差し込み以外に、ブースの下部への差し込みを経由してパソコン本体へケーブルがささっている。

ブース下部を見るとちゃんとケーブルはささっている。が、よく見ると、マイクとヘッドフォンが逆にささっている。

さし直したら、音が出た。原因はこれだ。

普通、自然とこれが逆にささることはない。

うっかり蹴っ飛ばしたりして、入れ替わることはない。

ということは、誰かが差し替えないと、こうはならない。

考えられるケースは二つ。

1)うっかり引っ張って抜けてしまって、よく見ずにさしたら、たまたま逆になってしまった。

2)イタズラで逆にさした。

1)のケースを防ぐためにできることは二つ。一つ目は、抜けないようにくくりつけること。もしくは、ジャックの規格を変えて、逆にはささらないようにすること。

一応、ヘッドセットを持ち帰れないように、くくりつけてはあるが、抜けないようにはくくりつけてない。

困るのは、2)のケース。明らかにほかの学生が困ることになる(先生も)ことがわかっていて、それを故意にするわけだ。ものごころつかない子供なら「人が困るようなイタズラはだめだよ」と教える機会となるが、ここは大学だ。もし、そういう学生がいたとしたら、なにか心に問題を抱えているに違いない。かわいそうに。

「家族・地域のきずなを再生する国民運動」

sugiura, · カテゴリー: 教育

内閣府から文部科学省経由で、協力依頼が末端まで流れてくる。
http://www8.cao.go.jp/shoushi/kizuna/h21youkou.html
これで何かが解決するとはとても思えないのだけど、、、、

2009-03-25 卒業式(修了式)と謝恩会

sugiura, · カテゴリー: 大学院授業, 教育

博士号取得者は全員がスピーチすることになった。一人3分。20人だとして60分。
おめでたいことで、本人が、思い出を語ったり、先生に感謝したいということはわかるが、それを全員にやられると、聞く方はつらい。それがわからないかな。どういう状況でのスピーチかってことを踏まえてスピーチができるようになっていただきたい。
 
謝恩会での研究科長の挨拶で、修了生のそれぞれの母語で(10カ国語くらい?)「おめでとう」を言います、というのは、シンプルだけど、とってもよかった。(しかし、もうこの手は使えないですね、関係各位)
 

Blogの授業での活用法

sugiura, · カテゴリー: Tech, 大学院授業, 教育

GSIDに入っているWordPress Muの場合、各教員がBlogを始めることで、各教員ごとに自分のBlogに「ユーザー」を設定できる。

そこで、自分の授業の受講生を「ユーザー」として登録し、授業名を「カテゴリー」に対応させることにより、BlogをCMSのように利用できる。

推薦状をオンラインで書く

sugiura, · カテゴリー: Tech, 教育, 校務

海外の大学院に行きたいという学生のために推薦状を書く。最近は、オンライン。ちゃんとオンラインで「使い物になるシステム」を作っているところが偉い。

日本の大学は受験生募集のパンフレットがわりにしか使ってない。なさけない。すべての教員にそういうスキルをつけさせるというのではなく(それは無理、非効率)、そういう活用の仕方をするような体制作りができないところがナサケナイ。

論文の添削

sugiura, · カテゴリー: ことば, 教育

朝5時30分に起きて。

こまかい表現につまづくと時間ばかりかかってちっとも進まない。日暮れて道遠し。というか、すぐに夜が明けてしまい忙しい一日が始まってしまう。ボトムの表現に問題がなければ処理も速くなるのに、、、

翻訳

sugiura, · カテゴリー: ことば, 教育, 英語教育

確かに、翻訳を見れば、その人の語学力が知れる。

翻訳には、対象言語と母語と、その両方の語学力が必要となる。

翻訳は、大変なことであるがゆえに、するなら覚悟してしないといけない。

逆に、覚悟がないなら、下手にすると怪我をする。(怪我の手当てには骨が折れる。)

英語テキストのティーチャーズマニュアルでは「全訳付」というのが流行だそうだ。困ったものだ。