トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

BBS-bib/5

☞ bibTop

言語習得研究のための文献・資料・情報

 Shchemeleva, I. (2019) - bibsugiura (2020年05月20日 07時39分01秒)

Shchemeleva, I. (2019). "IT SEEMS PLAUSIBLE TO MAINTAIN THAT ...": CLUSTERS OF EPISTEMIC STANCE EXPRESSIONS IN WRITTEN ACADEMIC ELF TEXTS. ESP Today, 7(1), 24-43. https://doi.org/10.18485/esptoday.2019.7.1.2


人文社会科学系の論文でL2 speakerが使用する定型表現が母語によって違いがあるかどうかを調べた。SciELF corpusを使用。
母語による違いは見られない。
学術論文を書くレベルのL2 speakerは学術論文でよくつかわれる表現をみんなよく知っている。
手作業で調べた数が少ない(全部で135表現)ので方法論的に改善の余地がある。
よく使われる表現はよく使われる、ということ。
それよりも、それ以外の部分、違いがどこにあるのか、の方がより興味深いのでは?