トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Linux.tips

*disclaimer
305918

Linux.tips

 システム管理 <=ログインユーザーのみ


su

visudoで設定

ユーザー設定: vipw

グループ設定: vigr


データのバックアップ

tar cvzf 保存ファイル名.tar.gz バックアップ取りたいディレクトリ

tar cvzf var-www-html.tar.gz /var/www/html

ローカルファイルをネットワーク経由でリモートにコピー

scp ローカルファイル ホスト名:/home/username/
  • ポート22でコピーされるが、ポート番号を指定したい場合は、-Pオプション(大文字P)
  • リモートでユーザー名が違う場合は、ホスト名の前にユーザー名をつける username@hostname

Ubuntu パッケージ管理 apt-get

apt-get update
apt-get upgrade

CentOS パッケージの管理 yum

yum check-update
yum update
yum list installed
yum search パッケージ名
yum info パッケージ名
yum remove パッケージ名


CentOS リポジトリの確認

yum repolist all

ターミナルでの文字化け

export LANG=C
  • これで英語表記になる

時刻の設定

sudo ntpdate -s -b ntp.jst.mfeed.ad.jp
サーバーのクロック
sugiura, 2009-02-04 · カテゴリー: Tech

時々ずれるの修正が必要。
時計に二種類ある点に注意。
1)ハードウェアクロック
2)システムクロック

システムクロックは、suになって、2月4日10時7分なら、

    date 02041007

として設定。

しかし、これだけでは、ハードウェアクロックは修正されていない。
ハードウェアクロックの時刻を見るには、

    /usr/sbin/hwclock

それで、先ほど合わせたシステムクロックの時間にハードウェアクロックも合わせるには、

    /usr/sbin/hwclock --systohc

http://sugiura-ken.org/blog/archives/213

  • もう一つ別の方法
date
sudo ntpdate ntp.nict.jp
date
sudo hwclock -w
date

ディレクトリーの使用量確認 du

  • -m で、メガバイト単位
  • -h で、K, M, G単位付きで
  • -s で、ディスク使用量のまとめ
[sugiura@mercury oscar]$ du -sh
30G


システム全体のディスク使用量 df

  • -h で、K, M, G単位付きで
  • -l で、ローカルファイルのみ
sugiura@jupiter:~$ df -hl
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev             32G     0   32G   0% /dev
tmpfs           6.3G  3.2M  6.3G   1% /run
/dev/sdb1       409G  196G  192G  51% /
tmpfs            32G     0   32G   0% /dev/shm
tmpfs           5.0M  4.0K  5.0M   1% /run/lock
tmpfs            32G     0   32G   0% /sys/fs/cgroup

 テキスト処理


以前のは old.text


EUC-JPのテキストをviで編集
vim -c ":e ++enc=euc-jp-ms" index.html


 emacs


apt install emacs

ウィンドウズのターミナルで開いている場合、普通に日本語入力できる