トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

R.data

R.data


 サンプルデータ

  • Rをインストールした時点で、サンプルデータもインストールされている。
    • data() で一覧表示される。

  • どんなデータか、その概要を知る
    • str() でデータの概要が表示される
> str(kimatsu)
'data.frame':   18 obs. of  2 variables:
 $ kokugo : num  83 45 73 50 22 67 77 89 66 90 ...
 $ suugaku: num  90 55 90 43 33 55 48 98 56 75 ...

  • グラフにして様子を見る

 Rで扱うデータの種類


ベクトル

  • プログラミングで言う「配列」
  • 「変数名」をつける
  • 要素が入っている
  • 変数名 <- c(要素をカンマで区切って並べる)
    • 例:国語と数学の得点
    • kokugo <- c(83, 45, 73, 50, 22)
    • suugaku <- c(90, 55, 90, 43, 33)
  • 要素は前から順番に位置が決まっている
  • 変数名をタイプすると内容が表示される
> kokugo
[1] 83 45 73 50 22

データフレーム

  • プログラミングで言う「多次元配列」
  • 行が項目
  • 列が測定値
  • 複数のベクトルを合わせてデータフレームを作ることもできる
  • 変数名 <- data.frame(ベクトル名をカンマで区切って並べる)
    • 例:期末試験の得点(国語と数学)
    • kimatsu <- data.frame(kokugo, suugaku)
  • 変数名をタイプすると内容が表示される
>kimatsu

  kokugo suugaku
1     83      90
2     45      55
3     73      90
4     50      43
5     22      33

  • 個々のベクトルを指定するときは $ を使う
    • 国語の得点 kimatsu$kokugo
    • 数学の得点 kimatsu$suugaku

 事前にデータを作っておく

  • 表計算ソフトなどで、テキストファイル(タブ区切りやCSV)で保存しておく。
  • 一件一行
  • 一番上の行は、変数名
  • 欠損値は NA と記入しておく
  • ファイルの読み込み
    • データフレーム名 <- read.table(choose.files())
    • これでウインドウが開くのでどのファイルを読み込むか指定する

エクセルから「コピペ」することもできる

データフレーム名 <- read.table("clipboard", header=T)


 ファイルへの書き出し


write(変数, "ファイル名", ncol=列数)

write.table(データフレーム名, "ファイル名")

write.csv(データフレーム名, "ファイル名.csv")

 データの操作

変数を縦につなげる

rbind(変数1, 変数2)