トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

R.graph

R.graph


hist()

stem()

boxplot()

barplot()

plot()

 軸の設定

範囲

  • x軸の範囲 xlim=c(始まり, 終わり)
  • y軸の範囲 ylim=c(始まり, 終わり)
plot(ns210, xlim=c(0,500), ylim=c(0,1600))

目盛

  • 目盛の数(いくつ目盛を付けるか)を、範囲とともに指定 xaxp=c(始まり, 終わり, 目盛の数)
  • こちらでも範囲を指定するが、その範囲は目盛を打つ範囲であり、軸として表示される範囲ではない。
  • ゆえに、軸として表示したい範囲を指定した上で、その範囲をまた指定して、その範囲にいくつ目盛を付けるかを指定する。
plot(ns210, xlim=c(0,500), xaxp=c(0,500,5), ylim=c(0,1600), yaxp=c(0,1600,16))

  • 格子を入れる
grid()
    • 縦軸なしで、横軸だけ10本引くには、
grid(NA, 10)

軸の名前とグラフのタイトル

  • xlab="x軸の名前"
  • ylab="y軸の名前"
  • main="グラフのタイトル" #グラフの上に太字で表示される

 色の指定

  • col = rgb(赤,緑,青)
    • それぞれの色の値を、0から1の間で指定する。
col = rgb(0, 1, 0) #緑
    • 透明度を表すalpha値を四つ目に指定することもできる。
col = rgb(0, 1, 0, 0.5)
  • border で同様に、グラフの「枠」の色を指定することができる。
    • 枠を実色にして、枠の内側を半透明にすると、グラフを重ねた時に見やすくなる。
col = rgb(0, 1, 0, 0.4), border = rgb(0,1,0),

  • 基本色
rgb(1, 0, 0), # 赤
rgb(0, 1, 0), # 緑
rgb(0, 0, 1), # 青

rgb(1, 1, 0), # 黄色
rgb(1, 0, 1), # マゼンタ
rgb(0, 1, 1), # シアン

rgb(1, 1, 1), # 白
rgb(0, 0, 0), # 黒

 その他

  • グラフを横に並べる(一行二列の例)
par(mfcol=c(1,2))
  • 元に戻す
par(mfcol=c(1,1))

  • グラフを重ねる
par(new=T)
    • xlimとylimを同じ範囲にしないとメモリがずれる。
    • ラベルの重なりを避けるには、ラベルを無に指定する。
ylab=""

  • グラフの色を透明にすると重ねた時に見やすい
hist(jpTT$Token, xlim = c(0, 2000), col = "#ff00ff40", border = "#ff00ff")
hist(nsTT$Token, xlim = c(0, 2000), col = "#0000ff40", border = "#0000ff") 

  • グラフを書き直す
plot.new()

  • box()で、グラフの周りに枠をつける

  • 散布図中の記号の形を指定する
pch=数字
数字
1
16
0
15
5
18
2
17

 グラフを書く前にグラフィックパラメタ―を設定しておくことができる

  • family="フォント名"