トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

BBS-bib/9

☞ bibTop

言語習得研究のための文献・資料・情報

 Pigada and Schmitt (2006) - bibsugiura (2020年09月21日 18時31分51秒)

Pigada, M., & Schmitt, N. (2006). Vocabulary acquisition from extensive reading: A case study. Reading in a foreign language, 18(1), 1-28.
------------------------------------------------------------
ギリシャ語母語英語話者がフランス語を学ぶ際に、1週間に1冊4週間多読をして、ターゲットの133語(名詞と動詞)を習得するか。
たった一人のケーススタディ。
・聞いて書けるかでつづりのテスト
・一対一で聞いて意味を理解しているかチェック(程度判断)
・一語ずつ、動詞の後ろの「前置詞」(副詞)や、名詞の冠詞について気づいたことを話してもらう。(程度判断)
------------------------------------------------------------
意味を覚えたかを二値で判断するのではなく、多様な側面を程度で判断。語彙習得の複雑さを前提に。すべての語彙知識が統一的に習得されるわけではない。偏りがある。単純な一般化をすべきではない。