トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Pythonでテキスト処理

*disclaimer
285062

[Python]

Pythonでテキスト処理


 テキストファイルを開く

open

  1. ファイルをopenで開いてから
  2. 処理をして
  3. 読み終わったら、closeで閉じる

with open

  • withをつけてopenすると、いちいちcloseしなくても自動で閉じてくれる。
with open('ファイル名') as 変数:
    • ファイルを読み込み、変数に入れる。
      • その変数を使って処理を進める。
    • ファイルを開くモード:, mode='r'
    • 文字コードの指定オプション encoding='UTF-8'

 データの読み込み


read

  • 内容すべて読み込み
  • 改行記号も含めて読み込む。
    • 読み込んだ状態では、改行記号も文字の一つとして、すべてが「一行」に並んだ文字列になる。
    • 処理結果を出力する際には、改行記号もそのまま出力されるので、画面上では、改行され複数行として表示される。

with open("ファイル名", "r") as f:
    変数名 = f.read()

読み込んだファイルの内容が変数に保存される。

readline

  • 一行読み込み

readlines

  • 一行一要素として、リスト形式で、すべて読み込み

  1. readlinesで一行ずつ読み込む


f = open('ファイル名')
data = f.readlines()
f.close()

  • dataには、一行一要素として読み込んだデータがlist配列として保存される。
data[0], data[1], data[2], ...

  • 読み込んだ行の要素には「改行記号」も含まれている点に注意

 ファイルの書き込み

with open("ファイル名.txt", "x") as f:
    f.write(内容の変数名)


 文字列の検索


正規表現検索 re.search()

  • 正規表現でないものは search()

re.search("文字列", 検索対象)

in

  • 文字列中に検索対象があるかどうかをTrue/Falseで表示

find

文字列中の何文字目に検索対象があるか、数字を表示



正規表現モジュール re

import re

 文字列の処理


分割 split()


結合 join()


大文字に upper()


小文字に lower()


行頭大文字 capitalize()


単語頭大文字 title()


置換 replace()

replace("元の文字列", "新しい文字列")

bun = bun.replace("-", "") # ハイフンの削除

  • 正規表現を使う場合は、re.sub()
    • import re として正規表現ライブラリーの使用を宣言
re.sub("元の文字列の正規表現", "新しい文字列", 対象のオブジェクト)

bun = re.sub("[-━]", "", bun)


文字数 len()


出現回数 count()


文字列変換 str()


 サンプル