トップ 履歴 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

TeX

*disclaimer
655671

TeXでいこう!


 インストール

TeX Live 2023

  • Installing TeX Live over the Internet

https://texwiki.texjp.org/?TeX%20Live%2FWindows



  • TeXインストーラ3

https://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~abenori/soft/abtexinst.html

    • インストール先
C:\w32tex\
    • TeX Works をスタートメニューにピン止めする
 C:\w32tex\bin64\texworks.exe

TeX Worksの使い方

https://texwiki.texjp.org/?TeXworks%2F%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9

  1. texファイルを開いて編集
  2. 左上の緑の三角をクリックしたら、コンパイルして、PDFで出力される。
    1. 画面下部に処理過程が出るので、エラーがあったら、そこを修正する。

W32TeXの使い方

  • コマンドラインからコマンドを打って使う
  • platex file.tex
    • これで、file.dvi ファイルが出力される。
  • dvipdfmx file.dvi
    • これで、file.pdf というPDFファイルが出力される。

TeX WiKi

https://texwiki.texjp.org/?Microsoft%20Windows

CloudLaTeX

https://cloudlatex.io/

https://nkgtt.hatenablog.jp/entry/2020/12/24/000000

https://zenn.dev/arks/articles/3697b25d03f8a8

Overleaf

  • もともとはopen source

https://github.com/overleaf/overleaf

  • 有料版

https://ja.overleaf.com/

https://www.artsci.kyushu-u.ac.jp/~okamoto/misc-latex.html

  • Overleafを使った日本語論文の作成

https://qiita.com/fujino-fpu/items/d92d185da730e25743cb

TeXstudio

https://www.texstudio.org/

 Beamerでプレゼン

https://dreamer-uma.com/latex-beamer/


 KakenhiLaTeX

http://osksn2.hep.sci.osaka-u.ac.jp/~taku/kakenhiLaTeX/

  • \input{ファイル名} で、同じディレクトリー内に別に作ってある「ファイル名.tex」をそこに読み込む。
    • 別途そのファイルを編集するか
    • コメントアウト(%)して直接書き込む

科研費LaTeX

https://texwiki.texjp.org/?%E7%A7%91%E7%A0%94%E8%B2%BBLaTeX

  • これを使うためだけにでもLaTeX使うことをお勧め。

 Using LaTeX in Linguistics

https://www.linguisticsociety.org/content/using-latex-linguistics

Gallery — Linguistics

https://ja.overleaf.com/gallery/tagged/linguistics

LATEX and Linguistics

https://conf.ling.cornell.edu/miawiegand/Latex_Slides.pdf

 Template

APA7

https://www.overleaf.com/project/65158f5eb78b00018fa500f8

 Rとの連携


GLMMの結果の表をLaTeXに入れるために .tex に変換するには、

https://github.com/gorkang/html2latex

  • インストール
# remotes::install_github("gorkang/html2latex")
library("html2latex")

  • フリーのオフィスソフトの LibreOfficeを事前にインストールしておくこと。
    • .html ファイルを、LibreOfficeをつかってLiberOfficeの .odt ファイルに変換してから、
    • .odt ファイルを .tex ファイルに変換するので。

  1. sjPlotパッケージに含まれるtab_model()を使って、まずは、.htmlファイルにする
  2. そのあと、html2pdf() を使って、.tex ファイルにする。

  • 注意点: ディレクトリー名(フォルダー名)内に、空白スペースがないように

 コマンドメモ


文字のスタイル

  • スタイルとコンテンツを分けるという発想がもとにある
  • 強調する部分は \emph{}で囲む
    • 日本語はゴチックで表示され
    • 英語はイタリックで表示される。
      • 日本語の文章中で、英語だけイタリックになるのは変なので、調整が必要
      • *\emph{}の中で\emph{}を入れ子にすると、キャンセルされる



文字の色

{\color{red}赤くしたい文字列}

コメントアウト %

  • 連続した複数行は、選んでおいて、Ctrl+/

行間

smallskip 少しだけ空行を入れる
medskip  中くらい空行を入れる
bigskip 一行くらい空行を入れる


記号

  • チルダ $\sim$

エスケープが必要な記号

#
$
%
&
_
{
}




箇条書き

 \begin{itemize}
  \item 項目
  \item 項目
  \item 項目
 \end{itemize}

  • 項目の見出しを指定したい場合は \item[見出し]として、見出しの部分に記号などを入れる。(例: \item[(d)] )

 \begin{enumerate}
  \item 項目
  \item 項目
  \item 項目
 \end{enumerate}

 \begin{description}
  \item[見出し項目]\mbox{}\\
   内容
  \item[見出し項目]\mbox{}\\
   内容
  \item[見出し項目]\mbox{}\\
   内容
 \end{description}

箇条書きの項目間のスペースを狭める

  \setlength{\parskip}{0cm}
  \setlength{\itemsep}{0cm}
  • これを \begin{enumerate}の下に記入

図の挿入

begin{figure}
includegraphics{ファイル名}
caption{キャプション}
label{fig:ラベル名}
end{figure}

  • これで、本文中で \ref{fig:ラベル名} で番号で表示されるようになる。
Figure \ref{fig:ラベル名} shows ....

  • センタリング
\centering
  • スケール
\includegraphics[scale=0.60]{図.png}

脚注

footnote{テキスト}

  • 本文中の注を付けたいか所に直接挿入
  • 番号は自動でつく
  • {テキスト}部分が注の内容。

そのまま出力 verbatim

begin{verbatim}
end{verbatim}

  • varbatimの後ろにアスタリスクを付けると、半角スペースも記号で表示



文献

  • 本文中

cite{文献の記号}

  • 文献の記号は、Bibtexのデータ内につけた記号

  • 丸カッコ内に文献を入れる場合、pをつける

citep{文献の記号}


  • 後ろのReferences

bibliography{文献ファイル名} %拡張子なし
bibliographystyle{plain} %出力スタイル アルファベット順


 論文スタイル

TeX Wiki 学会スタイル等

https://texwiki.texjp.org/?%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB%E7%AD%89

  • PLOS

https://journals.plos.org/plosone/s/latex

  • Template and Sample for Authoring APA7 Manuscripts
    • Overleafで配布されているテンプレート
      • Overleafにログインするるとダウンロードできる。

https://ja.overleaf.com/latex/templates/template-and-sample-for-authoring-apa7-manuscripts/pvhtwcrvcmsp

  • ELSEVIER LaTeX instruction

https://www.elsevier.com/authors/policies-and-guidelines/latex-instructions

 オンライン便利ツール

表の作成



 References

TeXとLaTeX

https://blog.wtsnjp.com/2016/12/19/tex-and-latex/

LaTeX入門

https://medemanabu.net/latex/

Learn Latex in 5 minutes

https://youtu.be/Y-kXtWdjtmw

文系人間のためのやさしいLaTeX入門

http://ideas.paunix.org/latex/index.htm

The LaTeX for Linguists

https://www1.essex.ac.uk/linguistics/external/clmt/latex4ling/

BibTeX.org

http://www.bibtex.org/

LaTeX Wikibooks

https://en.wikibooks.org/wiki/LaTeX

packages with support for linguistics

https://www.ctan.org/topic/linguistic

 LaTeXバージョンの問題

LaTeX2がこれまで使われていたが、expl3というTeXマクロを使った新しいバージョンが使われだしてきた

さまざまなLaTeX

  • LuaLaTeXへ移行すべきという意見

https://www.metaphysica.info/uplatex-to-lualatex/


 Tips

Overleafのソースコードをローカルで使う

  • Overleafの左上のメニュのあたりから、ダウンロード ソース を選んでダウンロード
  • 以下のエラーが出たら以下のように修正
    • pdfoutputのエラーはコメントアウト
    • pdfファイルの読み込みのエラーは ,dvipdfmx を追加する

documentclass[nonatbib,dvipdfmx]{elsarticle}

%\documentclass[nonatbib]{elsarticle}
%\pdfoutput=1
  • Dvipdfmx

https://tug.org/dvipdfmx/doc/dvipdfmx/dvipdfmx.pdf