トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

RMarkdown

*disclaimer
178010

R
RStudio

R Markdown


  • メニューのファイルの下、左端の+マークから、R Markdownを選ぶ
  • メニューのFileからNew File で選ぶ
    • Text File を選んでおいて、ファイル保存時に、拡張子 .rmd を付けて保存する。

MarkdownのHelp

  • メニューのHelpから Markdown Quick Reference を選ぶ

見出し

# Header 1

## Header 2

### Header 3



書体

*italic*   **bold**

_italic_   __bold__

^上付き文字^

~下付き文字~

~~打消し~~

箇条書き

* 項目
* 項目

1. 番号付き
2. 番号付き
3. 番号付き
  • 階層は、前に四つスペース
* 項目
    * 下位項目
    * 下位項目

横線

---

そのまま

```
そのままの文
そのままの文
```

数式

$$

y = a * x^b

freq = 7592 * rank^{-0.6}

$$




引用

> 引用文
> 引用文

Rのコード

```{r}
ここに書く
ここに書く
ここに書く
```

コードのオプション

  • ```{r sample} のように名前を付けておくこともできる
  • ```{r, include=FALSE} レポートには組み込まない
  • ```{r, echo=FALSE} 結果を表示させない
  • ```{r, eval=F} コードを自動実行しない

インラインコード

    • 文中に `r コードを描く` としておけば、コードの実行結果がそこに出力される。

画像の挿入

  • Rmdソースコードと同じフォルダーに入れておくのが簡単
![表示される文字](画像ファイル名)
![NICER1.3](NICER1_3info.png)

 書き終わったら、上の Knit をクリックすると、レポートが作成される。

  • HTMLでの書き出しでのオプション
    • toc: true で目次作成
    • number_section: true で見出しに通し番号付与
output:
  html_document:
    toc: true
    number_section: true

グラフのサイズの調整:fig.width=インチ, fig.height=インチ

```{r, fig.width=15, fig.height=10}